無料ブログはココログ

« 宮部鱒太と北原志満子 | トップページ | 俗のほそみち(7) »

2007年7月12日 (木)

出陣式

出陣式
出陣式
出陣式

えーっとですね。草木も眠る午後三時半、ねむくて仕事の給与計算をなんどもまちがえ、消しゴムで消しては計算機でやり直しをやっているときに、ジョームさんが突如、「いざ行かん。出陣式へ!」とおっしゃいました。この号令のもと、事務室にいた専務以下三名のもの(私ふくむ)は、ただちに鉛筆を放り出し、ささっと片づけて、外へ出ました。○○党の○○さんの出陣式が百年公園で四時からある予定でした。うちの会社はこの政治家を応援しています。

政治家の娘だった専務も、「政治家にとっては出陣式にたくさんの人が来てくれることが何よりの応援になるから、みんなで行ってあげましょう」と目を輝かせておっしゃいます。まるで、自分が当事者のようにです。笑

そこで、初めて出陣式というやつに参加しました。もう珍しくって、写真をとりまくりました。一番下は、郷土のえらい政治家、古賀誠議員の応援演説であります。出馬する議員さんはあいにく隠れて見えませんが、美しい奥様が少しみえます。最後尾の手前から二人目には鳩山邦夫さんとか有名議員の姿もみえました。夏の日がさんらんと差す剥き出しの場所で、じっとすわっていることは苦痛だろうに、汗を拭きふきじっと我慢の政治家たち。タフですねえ。

「反対することならだれにでもできます。今、この困難な状況にいかに立ち向かうか。それが問われているのです。」と与党の政治家は力強く訴えていました。

そりゃそうだよな。ほんとにかつてない危機だものね。と思いながら、手前の木陰になっている場に陣取っていた農協関連のきれいなブルーの幟旗をもって掲げている男達(青年部って書いてあったのにな)をつい何枚も写してしまいました。旗と、かれらの足元をです。(大靴の画像はアップしません。)

※ 最上部の写真、駐車場の上にみえる低い山こそが、筑後一の宮の高良山です。

« 宮部鱒太と北原志満子 | トップページ | 俗のほそみち(7) »

コメント

九州の空はどこまでも青く、政治はどこまでも不可解です。
こののぼり旗は何を主張してるんでしょうか?
JAくるめ・・・、安全でおいしい食物を供給してください。
入れる政党が選べなさそうな今回の選挙です。

himenoさんのこのブログは非常に懐が深い、書きやすいブログなんです。
何でも書ける気安さがあります。
記事に関係なく遠慮なく気ままに書かせていただいています。

さくらさま。こんばんは。
コメントありがとうございます。
選挙、夏の選挙は過酷ですね。
これまで政治家の声に耳をかたむけることってなかったなとおもいました。古賀誠ってさすがにお話がうまいなあ。あれはなんなんだろう。

壇上がやけに浮いて見えますが、大勢の人が集まっているのでしょうか?
集まったんだろうな、大物政治家が来るって言うんだから。

はい。
おそくなってごめんなさい。(きのうは法事でした。)
さくらさんに聞かれて考えたのですが、大勢ってどのくらいをさすのか、初めての参加だったからわかりません。公園はとてもひろく当然それを埋めてしまうほどの人はいませんでした。受付は二箇所にありました。
でも、ビルの日陰、木の日陰にかたまって、それと壇上の正面に設営された椅子席(二、三百?)、そのほかにも立ち見群とけっこう多かった気がします。
この360度の俯瞰図をどう報道していたか、次の朝の新聞で確認しますと、公園で数人の支援者と握手している候補者の後ろ姿を写していました。報道ってたいへんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出陣式:

« 宮部鱒太と北原志満子 | トップページ | 俗のほそみち(7) »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31