無料ブログはココログ

« 現代俳句と女たち  4 | トップページ | 俗のほそみち  2 »

2007年7月19日 (木)

実踏

久留米祭りの準備委員会の人が、事務所にヘルメットを借りにみえました。きれいに洗ってしまっていたヘルメットから十二個ほどお貸ししました。なんに使うのですかと聞いたところ、「警察も来て、ジットウするんで、ちゃんとヘルメットもつけていないといけないんです」とのお答えでした。

じっとう?

じっとうというのはね。
漢字で書くと、実行の実に踏むという字。警察用語です。

と言われます。業界用語は難しいです。

(これ、なんのことかわかりますか。イベント警備の打ち合わせです。実際に現場でやってみることを「実踏」というそうです。)

今月から仕事が忙しくなってきました。それにつれてみな、真剣になりました。もはや以前ののんびりだらりんとした隊員さんたちじゃありません。きりりとひきしまってきました。資格試験の合格をめざして、本気が出てきたのを感じます。やればできるやん!!ってかんじです。いつか書いた、長崎出身のおじぞうさんは、すごいです。いつも模擬試験は百点。無口で年に一度か二度しかしゃべらないのですが、とてもあたまがいい。ただ、実技がまだへたです。笑

梅雨も終わったし(きのうは蝉が鳴いてた)、さあ、熱いあつい夏がはじまるぞ。私もがんばる。なんか、だんだん二級の交通誘導員の免許ほしくなってきた。電車見張りの免許とか指導員の免許とかいろいろあって、警備の世界はおもしろい。弱小警備会社がうようよで、なかにとても傑作な人たちがいる。ああ、いつかくわしく書きたいなあ!!

今日会った62歳の別の警備会社の女性ボス。柔よく剛を制すのお手本みたいなひとでした。おとこどもをやわらかくあごでこきつかって、じぶんでも人手が足りないときは夜間の警備にも立ち、ほぼすべての資格を持っておられ。パソコンもワープロもできる。この仕事が大好きって生き生きとしておられます。とてもかわいくてきれいな62歳、見た目、50くらいにしかみえません。マイボスの目のまえで、彼女からくどかれた。保険のあるウチにきませんか、と。(おそろしいひとだなとおもいました。)

« 現代俳句と女たち  4 | トップページ | 俗のほそみち  2 »

コメント

資格取るのって、面白いですよ。昨年「絵本で子育て」センター主催で絵本講師を取得。一年間に6回受講し、5回レポート書けば全員貰えるのです。公的ではないけれど、まだ北九州にはわたしともうひとり昨年取られた方の二人しかいないから、ちょっと嬉しい。明日明後日は段ボールコンポストアドバイザー養成講座を受けます。生ゴミを堆肥にするアドバイザーになるためです。生ゴミを燃やしてしまう仕組みに我慢できません。循環生活にほんのちょっと近づきたいから・・・・・kyoukoはんまだ若いから、ばんばん資格とんなはれ!

この数日、行動力思考力が鈍って、先へ進めない状態に陥っていました。
こんな日もあっていいか・・・と思うことにしてすごしていましたが、himenoさん、satokoさんの資格を取る意欲に刺激されました。
また生きていけます(おおげさ)

さとこさん。さくらさん。こんばんは。
ほんとはげんきじゃないですちーっとも。
だから、さくら先生のことばをみて、えっとおもった。なんでまた、と思い、いやいや、そういうのが自然かも。ともおもい。
はあ~。
こんなときは、なにをうたおうかな。
とっとこはしるよはむたろーだいすきなのはーひまわりのたねー

はあ〜

懐かしいなあ

パソコンがうごきまへんねん
そんでもってケータイで記事送信したいんやけど、これまたあきまへんねん
どないしまひょ
おじぞさんになりまひょな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実踏:

« 現代俳句と女たち  4 | トップページ | 俗のほそみち  2 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31