無料ブログはココログ

« 日本自費出版文化賞 | トップページ | 梅雨入り »

2007年6月14日 (木)

片思い

その曲は、「片思い」というのです。

おっとがギターの弾き語りでうたっていました。かなしい、さみしい、せつない歌です。

だれの歌かとしらべたら、浜田省吾というひとでした。

このところ、会社の往き戻りにバンプオブチキンをきいてました。娘がおいていった古いアルバムです。いくらなんでも食傷し、竹内まりやのデニムってアルバムを買ってきました。久留米ゆめタウンにある「no music, no life 」のタワーレコードで。

アルバムですと、何曲か好きな歌ができますし、連句的です。まりやさんの歌がいいなあと思い始めたのは、この十年です。同時代性というかな。おなじこと考えてるんだっていう身近さがあります。人生はあなたが思うほど悪くない。これを聞いたとき、「女の一生」のなかのせりふだなってすぐ気づいた。モーパッサンの。少女時代の夏休みに読んで、このだんなはなんてひどい男だって思ったけど、さいごに主人公が、人生は人が思うほど、よくもわるくもない。と悟るところで、そんなものかな・・とおもったのを覚えています。デニムのなかでは、シンクロニシティって恋の歌はスティングに同じ題の歌があった。

五十路すぎて、恋の歌が作れ、歌えるっていうのが、すばらしいです。ありのままを肯定することが、人生の応援歌になっています。

歌。ジャパニーズ・ポップスが、だいすきです。歌詞はとてもだいじですね。

« 日本自費出版文化賞 | トップページ | 梅雨入り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片思い:

« 日本自費出版文化賞 | トップページ | 梅雨入り »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31