無料ブログはココログ

« なつのはな | トップページ | はたらくくるま »

2007年6月28日 (木)

父の田まわり

父は(私もだけど)五時起きします。田植え後の日課として、まず、田まわりをします。

今朝はなかなか帰ってきませんでした。用水路の堰に藻が大量に絡んでいて水が流れなくなっていたそうです。それで、おなじ村のお百姓仲間に声かけして、二人で藻を三十分もかけて揚げたそうです。四人いるのですが、一人は会社に行って留守、一人はまだ寝ていた。(この人は私もじっさいみたことあるけど、みんなで溝さらいをやってるときも、一人だけ川のなかに入らないで横着する。しかりとばしてもそう。しかたない。頭のなかを村八分ってことばがマジでかすめるのはこんなときです。笑)

この藻は、田植え前の米作りお百姓専用「溝さらひ」のとき、たくさん掻いたけれども大儀でまともに揚げなかったのが、結局は雨のちからで流されてきたものだったそうです。川の横っちょに揚げていたらしい。二度手間になりました。

どんなしごとも、自然と立ち向かうときには、本気が要求されます。

と、ここまで書いて、ひとごとみたいだなあと反省しました。ほんとは父はとっくに隠居していて、私がしなきゃいけないことだから。

« なつのはな | トップページ | はたらくくるま »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父の田まわり:

« なつのはな | トップページ | はたらくくるま »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31