無料ブログはココログ

« 宇宙少年ソラン | トップページ | 豆腐殻の煮〆 »

2007年6月18日 (月)

年金のことで

仕事中、先週おもしろい電話がありました。

三年前の一月、そちらに勤めていた。給与明細が一枚ある。それによれば、厚生年金も健保も雇用保険もみな引かれている。じぶんの記憶では、その前年の暮れ、11月、12月と三ヶ月ほどおたくに勤めたようにおもう。そちらにも記録が残っていると思うから、確かめてはもらえまいか。

というような内容です。きちんと名前を名乗られましたので、あとでボスに尋ねますと、そんなひとは記憶にない。それにうちは社会保険は一切、引いていない。なにかどこかの間違いだろう。と言われます。

そこで、次にかかってきたときに、その旨伝えますと、おかしいな。そちらでもらった明細書だと思うが。といわれる。

こちらの明細書はいまだに手書きの昔なつかしカーボンコピーのです。社印も二重に押してます。その社印がありますか?と問うと、おや、そんなものはない。といわれる。

じゃあ、ほかの会社のですね。いま、年金のことで問題になってますが、社会保険庁に行けば、すぐに点検してくれると思いますよ。こちらに聞くよりも。・・と言って、おしまいにしました。

いま、どこの会社でも、こんな問い合わせの電話がかかっているのでしょうね。(社会保険完備ということが、いかにすごいサービスなのか、を、つくづくかんがえるこのごろであります。)

« 宇宙少年ソラン | トップページ | 豆腐殻の煮〆 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金のことで:

« 宇宙少年ソラン | トップページ | 豆腐殻の煮〆 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31