無料ブログはココログ

« 定点観測 | トップページ | シスアド入門  1 »

2007年4月26日 (木)

なんのために

土曜、高橋先生と四時間ちかく話していたなかで、先生がふと聞かれたことば、

「姫野さんはなんのためにブログにあんなに大量に書き写しをしているのです」

がこころのなかでゆれている。

そうだ。私も知りたい。何のために。かんがえたこともなかった。http://homepage2.nifty.com/buntama/kashu/146.txt

« 定点観測 | トップページ | シスアド入門  1 »

コメント

精神科医の北山修さんがラジオに出演してこういうこと言っておられました。
病気や悩みを持ってる人は、うつ病にならない。
何にもない人がうつ病になる。
え?と思うでしょう。
こういう事だそうです。

病気を持ってる人は、今日は調子いい、今日は悪いと一喜一憂しながら暮らし、調子いいと思えた時ストレスが解消されてるそうです。
一寸でもいいと、良かったぁ!と思える瞬間がある事が大切なことだそうです。

病気も悩みもない人は、良かったぁ!と言う瞬間をもてないから、平坦な気持ちの連続で、うつ病に
かかるのだそうです。

へぇーと思いながら聞きました。

さくらさん、おもしろいはなしですね。めりはりのないくらしは欝を加速させるのですか。私は、そうしたいからそうしてるだけで、なんのためにとかはあまり考えず生きてます。もともとおめでたい人間でして。笑

俳人・中村汀女を読み、気づいたのですが、順境を順境として生きられる人はすごい人だと。ふつう、なかなか自分のしあわせにきづかないもの。不満ばかり言ってね。
ところで北山修さん、映画「二人日和」に出てらした。この映画、ぜひみなさまごらんください。dvdもでてます。
利華さん所属のアストロリコが音楽を担当してます。とてもこころにひびく映画です。

何のために?と言う先生の質問、私の場合も同じく楽しいからです。

私は毎日同じ事の繰り返しは結構好きです。
世の中には、昨日と同じことするのはいやと言う人もいますが、毎日同じことしなければ成り立たないこともあります。例えば家事など。
家事と同じく毎日ご飯を炊くようにブログをやっています。

毎日なぜ散歩するのですか?毎日なぜ日記をつけるのですか?と言うのと同じだと思います。


まったくもって、お久しぶりです。
皆様、お元気でいらっしゃいましたか?
私のブログもやっと、昨日、更新しました。事情は、更新内容にも書きましたが、要するに事務所の要領の悪い引っ越し!
また、ゆっくり、アップしていきますが、転居先は葵祭で有名な下鴨神社の近くなんです。例の映画「二人日和」にも出てきたましたよね、葵祭のシーンが。あの時の葵祭では、映画の撮影カメラの前を通過した直後に馬が暴れて、えらい騒ぎになったのが記憶にあります。15日はその葵祭です。
5月3日には「やぶさめ」の神事があったのに、私たちアストロリコのメンバーは、ひたすら引っ越しの荷物整理に屋内にこもっていて、せっかく、近くで「やぶさめ」しているのに・・・来年に期待です。

忘れた頃の突然、出てくる虫みたいですみません。
また、お邪魔します。

利華さん。ほんとにおひさしぶりです。コメントありがとう!
『二人日和』、つらい映画なんですが、風景がきれいで、京都ってやはりいいなあとなつかしくなる。住んだことはないのですが。
利華さんのブログにあるお写真に、師とのツーショットがあるでしょう。門奈師はせなかだけなのに、利華さんの表情がもう、ほんとうに「尊敬してる!」って感じが出てて、あれ、いい写真ですね。

あの写真は、私の番組(3月で終了したけど)に日本経済新聞の関西版かなぁ、、の取材が入ったので、折角ならばと、門奈さんにゲスト出演してもらって、生で二重奏をしたときのスナップです。放送中には、撮影できないので、リハーサルのリラックスしているときだと思います。

ところで、下鴨神社って「みたらし団子」の起源となった「御手洗の池」があるんですよ。小学校の時、修学旅行は伊勢神宮だったのですが、そこに御手洗の川が流れていて、看板の感じが「御手洗」。何せ、小学生ですから、「おてあらい!?」っつうことは、「おてあらい団子!?まあ、想像できないことはないか。。。あんなに美味しいお団子がお手洗いねぇ。」とちょっとショックをうけた事を思い出しました。あのとき、下鴨神社の池の起源まで説明があれば、シモネタの団子とは、思わなかったでしょうに・・。ちと、バッチイお話で失礼しましたm(_ _)m

うわったたた (笑)りかさん返信ありがと 今きづいた 息子がつかわしてくれないから書き込めない ハガキかきますね じゃゴメン

あっら~~、気にしないで!

それとね、近々、本を送りますね。今日、本屋さんに届いたって知らせが入ったので・・・どんな本かは、開けてのお楽しみに、ってことで。(期待させておいて、はずれ~~っだったらごめんなさい)

それとぉ、、、
靖国神社の奉賛会員になったら、7月の「御霊祭」の案内がきました。関西はお盆は8月なんだけど、あちらは7月なのよね。ちょっと、ピンとこないけど。
それで、初穂料っつうの?提灯みたいなのに名前かいて出してくれるので、私の名前で出す申し込みしました。英霊の大叔父ちゃん達にわかってもらいたいから、名前出しました。きたよ!って。でも、実際、御霊祭のころに上京できないんですよね。関西でコンサートがあって。だから、現場を押さえにいけないけど。神様が見ていてくれたら、それでいいわ!って感じです。

では、、、返信、気にしないで~~\(^^@)/

うっわー!!なんてきれいな本でしょう。
りかさん。ありがとう。今日、会社から帰ると着いてました。想像では、タンゴの本か戦艦鈴鹿関連の本かな・・とおもっていたのですが、ぜんぜんそうじゃなくて、映画と京都のご本でした。へえーーーこんな編集のしかたっていいよね。ちゃんと『二人日和』が載ってます!
これを読んだら、その名所旧跡が出てくる映画を見たくなりますね。まずはお礼まで。さんきゅう。

あ、着きました?実は、住所が微妙に違っていたのを後になって気がついて、、、ちゃんと着くか気になっていました。
その本の著者の方、偶然なんですが、新事務所のお向かいさんだったんです!なので、引っ越しのご挨拶をした時は、お互いわかっていなかったのですが、本が出てから、ばったりお会いしたときは「あ!!」って感じで。ただ、記述が少々、違っているので、その辺りは、差しひいてご覧ください。(病名について)

ところで、関東公演が9月に決まりました。私のブログにアップしました。9月ですから、どうでしょうか。また、メールしますね!

利華さん。返信ありがとう。
九月関東公演ですね。わかりました。
ウンがよければインをふむようにエンがあってみんなで円交できるのでしょうけど。

りかさんの書かれたあて先の地名がただしいです。いつも私の書くじぶんの地名はげんざい使われていない地名なんですよね。ですから、配達人は間違えてよそに配られることがあります。社会悪みたいなことをしているなあと自分でもおもうよ。むかしむかしの地名なんです寺田は。納楚がただしい。

いただいたご本、かならずご紹介いたします。ですが、先月いただいた句集が二冊ありまして、そのあとになります。ごめんよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんのために:

« 定点観測 | トップページ | シスアド入門  1 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31