無料ブログはココログ

« 父と子とー高橋甲四郎、その8 | トップページ | まとふはおのがひかりのみ »

2007年4月11日 (水)

石楠花

石楠花

きのう、夫の単身赴任がおわった。五年、だったかな。これ以上続いていたら、完全にふうふだったことを忘れ果てていたとおもう。

これは昨日の夕方、ご飯の支度中に外をみていたら、あまりにも石楠花がきれいに咲き初めていて、おもわず外に出てカシャ。樫の木がいつのまにか針金を呑みこんで育っていました。十五年前くらいにシイタケをこの下で育てようとしたことがあり、針金はその名残です。とても忙しくて誰も針金をはずすのを忘れていたのです。樫の表情が、ものがなしく感じられるのは気のせいか。もんもんとしたかおしている。

石楠花
石楠花

« 父と子とー高橋甲四郎、その8 | トップページ | まとふはおのがひかりのみ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石楠花:

« 父と子とー高橋甲四郎、その8 | トップページ | まとふはおのがひかりのみ »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31