無料ブログはココログ

« 刈干切唄と五右衛門風呂 | トップページ | きゃら弁 »

2007年3月17日 (土)

泉のほとり

突然ですが。

今朝から気になっていた歌の歌詞を検索しましたら、わかりました。むかしむかし福島高校時代によくクラス対抗の合唱コンクールというのがあってまして、それの課題曲で、あまりにも何回も歌わされたものだから、印象につよく残ってはなれないんです。

これです!

http://www.geocities.jp/kobatoru1jp/Z35.htm

よく歌詞を読んで、わかったのは、これは兵隊さんのむすめたちとの掛け合いの歌でもあり、ぼさぼさの髪や鬚をあたってあげる理髪屋の兵士の歌でもありました。ロシアの軍歌だったそうで、それはいま、調べてわかりました。民謡のようにのどらかな歌です。

アストロリコの麻場利華さんの大叔父さんがたしか、理髪屋の兵隊さんだったのです。それで重巡洋艦・鈴谷に乗っておられたそうです。

http://www.kt.rim.or.jp/~r_kiyose/review/rv0402.htm

« 刈干切唄と五右衛門風呂 | トップページ | きゃら弁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泉のほとり:

« 刈干切唄と五右衛門風呂 | トップページ | きゃら弁 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29