無料ブログはココログ

« はたらく車 その3 | トップページ | これですじゃ。 »

2007年3月 9日 (金)

はみだし口

井筒屋デパートのplantationから届いた春もの服の案内を見ていたら、麻の服がほしくなってきた。ラミーローンという名の生地の、よれっとしてて実はしゃっきりしゃんとしたやつ。

おしゃれをする余裕が全くなかった。でも子供三人のうち二人まで独立してくれたからには、すこしはわが身をかまいたい。ぜったい、一つはほしい。よおし、がんばるぞ!ほしがりませう。生きるために。欲がないと力がわかないものね。

ところで、連句。付け句、考えてたら、

 はみだし口のままですさまじ

という秋の季語(冷まじ)をむりやりいれた秋の句をおもいついた。

はみだし口っていうのは、私の定義では、口紅がくちびるをはみ出ていることなんだけども、世間さまもこんなふうに言うのでしょうか。あまり鏡も見ないでささっと紅をさして外へ出て、帰宅後かがみをひょいとみたれば、アラってことはございませんでしょうか。女性のみなさま。いえ、別に女性に限らなくてもいいのですけれども。

« はたらく車 その3 | トップページ | これですじゃ。 »

コメント

よれっとしてて実はしゃっきりしゃんとしたやつ。

昔からそういうの大好きです。
しわの具合が良かったりして、着ていて涼しくて楽。
色は麻そのものの色や、国防色(アースカラー)が好きです。
昭和30年代ころまで、国防色と言う言葉が生きていました。

頑張って手に入れてください。
永年パンツ一辺倒の私も、ちゃんとしたおしゃれもいいなと思うこの頃です。

さくらさん。こんばんは。
ちゃんとしたおしゃれをしたいですね。年をとってきまして、おしゃれというのは、人に対するおもいやりだなあと思いはじめました。麻の服、がんばります。
さくらさんは、いつか甲四郎先生からお写真をみせていただいたんですが、ブログでいつか見せてもらった母上のおもざしによく似て、どことなく淋しげで知的な美人でありました。ずいぶんおわかいですね。

表題を見て、はみだし口ってなんだろって思ってたよ。あるよね、たまに。はみ出しちゃってること。薄い色なら目立たんからいいけど、たまに真っ赤とかつけるときは、神経使います。
plantationのやつは、カジュアルでいいよね。わたしも好きだが、いかんせん、お高くない?バーゲンもしないし、あそこ。
カネに余裕があるときにしか行きません。

seikoはん。そうか。はみだし紅のほうが正しいのかも。与謝野晶子が文化学院の先生だったころ、生徒の藪秀野から「先生、口紅がはみでてます」といわれ、あらそうと答えて、そのままはみだし口のままだったという面白いはなしを、秀野の命日に、かつて杉山洋先生から聞いたことありましたっけ。なつかしいなあ。なんとなくこの話は、おんなどうしの小さな火花をおもわせ、たのしくない。笑
プランテーション、好きだけど高い。でも、サイズがちょうどいいんだ。私は長くないとね。ふだんはしまむらやマルハの安いのでいいけど、ときにはデパートのも着たい。
せいこ。マルハって記憶してる?三愛とかとおなじ通りにあったやん、くるめの。なつかしいよね。そこのおかみが85くらいですがお元気で、佐賀とくるめの境目くらいの山中の邸宅で服を卸売りなさってましてね。そこへ、服の補正士をしている叔母と行ってきた。沢山買えました。安いから。行きたいときは言ってね。教えます、場所。

三愛ってどこら辺にあったっけ?
「レディースまつもと」とか言うしゃれたブティックありましたよね。

確か三愛と姉妹店だったような。
いづれも井筒屋の通りだったと思う。

うわあ、さくらさん、なつかしい。
レディスまつもとだって。行きよった行きよった。しっかりニュートラッドなお店じゃなかったっけ?アンネ、とか、モダン、とか。あの辺がわたしのお買い物スポットやったなあ。いま、どうなってるんやろ?一番街も客少ないみたいだもんね。福岡に若い客がとられてしまって。こんど、あの辺ぶらついてみようかな、いい回顧の歌が詠めるかも知れん。

ああ、アンネやった。

アンネの服、しゃれててね、久留米では一番垢抜けてたと思う。
生まれて初めてTシャツと言うものを買ったのもアンネやった。

二又屋とか、とよしまとか、老舗の洋品店もあったけど、ブログで奥さんがとよしまの店員だったと言う人がいたよ。

こんばんは。二人でもりあがってますね。アンネの服かー。私が記憶しているのは、男もののマツモトって店で、なんでかなあと思ったら、弟の服をそこで買ったから。懐かしいですね。ジュンとロペとかさ。三愛があった一番街二番街は人が通らなくなり、というのも合川町のゆめタウンに流れていっちゃってる。今日久留米に行く用事があって次男とゆめタウンに行ったら、車も人もラッシュだった。ポイント五倍セールにカード忘れて行ってた。とほほ。

今はどこでも郊外型大型店がじゃんじゃん出来ていて、商店街が寂れていますね。
東京でも江東区の辺り(友人がいる)、下町だった住宅地や工場をどんどん再開発して、大型店舗兼レジャーランド化しています。

商店街が発展して、生き生きしてるところは決まって大型店がありません。

ジュン、ロペは、私より10代若いmeno・seiko世代でしょ。
私の頃は、既製品の服が無くて、全部仕立てでしたもん。
それが三愛やアンネの登場で、既製品のTシャツやブラウスが買えるようになったんですよ。

おはようございます!
そうなのですか。うわあしらなかったなあ。キセイヒン。このことばのひびき!
ひとつひとつがみぢかによみがえってくるかんじです。ありがとうさくらさん。
では、元気でいってきまっす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はみだし口:

« はたらく車 その3 | トップページ | これですじゃ。 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29