無料ブログはココログ

« 冬樹蛉「やわらか戦車」留書 | トップページ | 初音 »

2007年3月 1日 (木)

はたらく車 その2

はたらく車 その2

久留米市御井町の高良山のふもとの、さらに高速道路のふもと道の一旦停止で。ここを左にまがれば、高良大社の最初の鳥居から出て行くかんじになるのです。

はたらく車 その2

右むこうにみえる高層ビルは市役所です。今日ナガサキから青年が面接にきました。駅に着いたコールを受けて、迎えにいってる途中、信号停車で写す。定時制高校を出た青年でした。身ひとつでしたので、また一旦帰宅して、荷物をまとめて出直すそうでした。

はたらく車 その2

「三匹のネコ」で写した家のしだれ梅の老木に紅梅が咲いてました。これは実がならない梅です。私が子どものころ、すでに老木でした。

« 冬樹蛉「やわらか戦車」留書 | トップページ | 初音 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はたらく車 その2:

« 冬樹蛉「やわらか戦車」留書 | トップページ | 初音 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31