無料ブログはココログ

« 梅、もうちょっと | トップページ | 俳人山下整子ー閉ぢてひらいて »

2007年2月 8日 (木)

ひたすら、わびる。

仕事中、きのう、きょうと続けて交通誘導警備の仕方についてのクレームを受けた。思い切って正直に恥をさらすと、こんなの。

おたくの警備はかつてないほどひどい。監督の指示には従わないわ、勝手に車を通して渋滞させるわ、むくれるわ、こんなふうならどこかよそと代えなきゃいかんかと思いよります。おたくたちも疲れておられるでしょうが、こちらも(土建業界で道を作ってるとこ)疲れているんです。だれかほかのメンバーと代えてもらえませんかね。

ははあ。すみません。重々担当者から言って聞かせますから、どうか穏便にお願いいたします。ご迷惑をおかけします。隊員たちが疲れてご迷惑をおかけしました。ほんとうにすみませんでした。

あるいは、今朝はこんなの。一通りすがりの人から。

おたくの警備員さんはとってもあぶないですわ。通っていいゆうから通ってたら、あやうく事故りそうになりましたよ。私だけじゃない、妻もそういってます。警備員さんの指示を聞いてよけい危ないなんて、余計混雑するなんて、ひどいなあと思って、どこの警備会社かと調べたら、おたくでしたから、ひとこと申し上げておこうと通報しました。

そうでございましたか。本当にすみません。こちらから厳重に注意しますから、どうかお許しください。御通報いただきまして、ありがとうございました。

・・・わびながら、あの隊員、この隊員の悪気のない朴訥なお顔が浮かび、だんだん胸がいっぱいになってくる。そして、だんだんおかしくこっけいになってくる。いや、不謹慎とは思うけど、めちゃくちゃな交通の捌きをして、現場を混乱のうずにおとしいれた警備員。おまえがいないほうが安全だといわれる警備員。ビートたけしのネタみたいで、笑うしかないではないか。ここは笑おう。そして、事故がなかったことを喜ぼう。

若い隊員の一人は、もう長らく休んでいない。それだけ元気ともいえるし、それだけ忙しいともいえる。彼はかわいそうな身の上で、家に居場所がなく、食うにも事欠いて骨皮すじえもん状態だったところを社長に拾われて、ここの寮に住み着き、しっかり働くようになったという。また、ある隊員は、ナガサキから自転車で家出してきたところを拾われたという。どの人も苦労してここへたどり着いた人ばかりである。なんだかせつない男たちばかりなのだ。このところ、とても激しく忙しくて、毎日のように夜勤が続く。どの隊員も社長もボスも、くたくただ。でも、ここは歯をくいしばって乗り切るしかない。現場で生コン打ちをしている道作りの土方の人や、市のガス管を点検している人や、汚水管を埋設工事していたり、水道工事している人たちは、もっときついかもしれないから。いずれも期限内で終わらせるような仕事ばかりだからだ。

それをおもえば、朝の通勤で多少の渋滞があることは我慢しようという気になってくる。(ほんとは多少どころじゃないけどね。)どちらさまも、ご安全に。くれぐれも誘導ミスには最大限の注意を払ってくださいませ。私がいうべきことではございませんが。

社長がいわれてました。警備業界は、この時期にできるだけ多くの夜勤をこなさねば、立ち行かない世界なのだと。体力気力との勝負だと。その意味が、わかりかけてきました。

« 梅、もうちょっと | トップページ | 俳人山下整子ー閉ぢてひらいて »

コメント

医療・介護関係も夜勤は当たり前、の世界です。お互い、命に関わる仕事は重いのだ、と思えば少しは責任感が増すのではないでしょうか?(私は日勤だけですが)本当に夜勤って、死ぬ思いです。

おお。おのだ、生きておったか。こないだはかんべんな。いもたこおたんこなすだったっけ朝のどらまがつまらんっていって。見てもいないのに。じっちゃんばあちゃんはテレビをみてるけど、おれはみてない。って、あれ。なんであんたが見れるの。いつ見るの。お昼休み。
夜勤はきつい。眠れないのが一番きついよね。でも中にはあんまり眠らないでも大丈夫なひとがいるねえ。そういや明石家さんまのウイキペディアのとこに、いつ彼は寝ているのか不思議だと書いてあったなあ。

きょうさ、ガス局の仕事が同時に二箇所、それも二人ずつ立つというのがあってね。人がちょうどいたからよかったけど、免許を持ってる人が少ない職場だし、私も送迎に駆り出された。
いろんなことをおもうよ。夜に暗いところに立つ、という仕事は、とても危険だ。下手すりゃ死ぬ。ほんとに。よっぱらいが突進してくる事故で警備員が死亡する事故がたまにある。それを思うと、こわいですね。いのちがけだよね。
ガス局ですが、例のガス爆発事故以来、点検があってるようです。でも、なかなかその場所がわからないらしく、きょうもものすごく時間がかかってました。地面のなかのことはしろうとで想像もつかないけど、現場の仕事は、なんでも大変ですねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひたすら、わびる。:

« 梅、もうちょっと | トップページ | 俳人山下整子ー閉ぢてひらいて »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31