無料ブログはココログ

« 還浄 1 | トップページ | 還浄 2 »

2007年2月18日 (日)

俳句誌『日矢』より

タンゴバンド、アストロリコのヴァイオリン奏者で京都三条ラジオカフェのジョッキーである麻場利華さんが、ブログを立ち上げられました。http://chaorica.blog92.fc2.com/

それを拝読していて、ひょっこり思い出しました。乙骨一族の交友誌『円交五号』 より引用しそびれている文章が四個ほど残っていまして、その一つ、高野花さんの文章をひいておかなきゃと思います。文中、永井友二郎義兄とあるのが、利華さんのブログでも紹介があった東京は三鷹の町のお医者さまにして乙骨太郎乙の直系の孫娘・菊枝氏のご主人にあたるおかたです。そして、(ここからが大事です、ふしぎだから)書き忘れていたのですが、永井友二郎氏は、山本健吉こと石橋貞吉夫人の石橋秀野もその芥川賞受賞作『雁立』にちらりと出てくる、小説家で俳人・清水基吉氏の俳句誌『日矢』(鎌倉市)所属俳人でもあります。いくつも縁がかさなっていました。まるで最初からわかっていたかのような繋がり方がふしぎで仕様がありません。利華さんのブログを読むまで、そのことをうっかり忘れていたのも、妙なはなしです。笑。では、ひさびさの「円交」です。

 句誌の中から

       高野 花

「俳句をやって見ませんか。老年の趣味にいいですよ」 と、五・六年前に永井の友二郎義兄が、自分の入っている俳誌『日矢』(清水基吉氏主宰)を送ってすすめてくれました。その時はとても才能がないからと見送っていましたが、翌月も送って来られたので、では一寸やって見るか、と「日矢」に入会する事になりました。毎月、七句投句すると、先生がその中から三句か四句をのせて下さいます。独り暮しの身、頭の体操にでもと、以来細々ながら続けています。でも、一向に進歩せずお恥ずかしいのですが、その中から、円交関係、家族関係の句を書き出してみました。ご笑覧下さい。(高野花氏は永井菊枝氏の妹君。判事だった乙骨半二の末娘です。)

新年会の米寿喜寿なり姉夫婦 (古山綾夫・巴夫妻)

三世代のいとこの集ひ春うらら (昭和62年5月円交会)

亡き兄を偲びて春を惜しみけり (上の席上、亡兄元造と浦和高校でご一緒だった小室正夫氏がきぬ子姉に、元造の思出話をしている中で、「浦高の友達が元ちゃんに、きぬ子さんを嫁に欲しいと言ったら、駄目だって答えていたけど、その時はもう渡辺氏と決まってたのかい」と言うのを聞いて)

木登りをせし時もありさるすべり (大塚時代)

赤まんま遊びほうけし日の遠し

竹やぶへ父に抱かれし震災忌

雛飾るを手伝ひし日の遥かなり

辰年の兄思ひ出づ終戦忌  (次兄亨二)

母の日や疎開地に母みまかりし

はらからの傘寿古希祝ぎ秋深し (巴姉と菊枝姉)

寒波来て従弟の訃報とどきけり  (乙骨明夫氏)

曽祖父のえにしの甲斐路や秋深し (鈴木頼奈夫妻・英里くん、菊枝姉と共に、曽祖父乙骨耐軒ゆかりの甲府をたずねて) 

初春や祖父の漢詩の軸かけて

バレンタイン九十三翁往生す (古山綾夫義兄)

姉は喜寿妹は古希や春彼岸 (きぬ子姉と私)

父の日や父は江戸っ子落語好き

大伯父の伝記読みいる梅雨ごもり (二代目日銀総裁富田鉄之助[祖母継の姉縫の夫]の伝記を)

メサイアのホールにひびく冬の夜 (正木直子、永井菊枝両人出演)

叙勲記念のカード頂く青嵐  (乙骨達夫氏叙勲)

      (平成四年九月 識す)

« 還浄 1 | トップページ | 還浄 2 »

コメント

[清水基吉 句誌 日矢を主宰] 検索でここへおいで下さったかた、まことにありがとうございました。
私は清水先生がなくなられていたことを少しも存じ上げませんでした。
2008年3月30日が命日のようです。
以下、引用文です。

作家・俳人で前鎌倉文学館長の清水基吉(本名:基嘉)、前立腺癌のため神奈川県鎌倉市の病院で30日死去、89歳。

1918年東京都生まれ。石田波郷に師事し、石塚友二や横光利一らと交流。
44年「雁立」で第20回芥川賞を受賞。58年から俳句グループ「日矢」主宰。91-04年まで鎌倉文学館長を務めた。
他の小説に「竹軒」「夫婦万歳」、句集に「宿命」「冥府」「離庵」など。

いちどもお会いしたことはございませんでしたが、秀野本をだしたとき、感想文を下さったのです。プロの小説家から、西田君のよりずっとおもしろかった。とほめていただいた。それなのに、なくなられたことさえ、知らないでいました。

どうぞあの世でも波郷さんたちと俳句を詠まれてくださいね。ご冥福をお祈りいたします。合掌。

日矢

7位

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俳句誌『日矢』より:

« 還浄 1 | トップページ | 還浄 2 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29