無料ブログはココログ

« 秋瑾 その2 | トップページ | 『樹』 瀧春樹の叙情 »

2007年2月 3日 (土)

督促のしかた。

月末〆の請求書を気合を入れて一球入魂じょうたいで書いていると、じゃんじゃんなるんです。電話が。

はい、かささぎ警備保障でございます。

あのう何々と言いますが、そちらにまるまるさんはおられるでしょうか。

はい、今、現場で仕事中ですが。

それでは、何々から電話があったとお伝え下さい。

承知しました。

ガチャン。・・とこんな感じの電話が午前中に二回もあったら、そのたびに仕事は中断を余儀なくされて、迷惑この上ない。長い長い計算をやっているときなど相手をののしりたくなる。笑

じっさい、ソフトにののしりました。

あのう、電話するのがそちらのお仕事とは思いますが、こちらも仕事してるんですけど。よければお昼休みにかけてくださいませんかノルマなら。でも、本人は夕方しか帰りませんよ。お分かりでしょう。

相手は返事もなく電話を切られた。あちらもつらいしごとですねえ。

こういう電話はサラ金関係の督促の電話だそうです。

« 秋瑾 その2 | トップページ | 『樹』 瀧春樹の叙情 »

コメント

待っていました。強固はん職場物語。
いつ読んでも、人間味にあふれてて、おもろいなあ。

闇金融さんからの嫌がらせ電話なら、以前の職場にあったけどね。すごかったよ、ウチの課のあるだけの電話全部にそこから繋がって、お手上げ状態だった。

それは結局、そんな事実なんかない架空の督促で、警察に届けたら、あくる日にはピタってやんだから、警察のチカラってすごいよ。
また、職場物語の続き、待ってます。

私が昨夜日記に書いた、「とある理由」というのも、ここでいう話題に関係している。まだ、日記には書いたことないが、私はその方面の情報に詳しい(笑)

今の世の中、金で人生を誤ることが多い。自殺までに追い込まれる状況だ。助かる道はあるのに、その術を知らずに衝動的にそれらの道に走ってしまう。

だからって、今の私は真面目だよ。金欠には陥るけど、もう二度とそんな世界には、足を踏み入れないって母が死んでから、心に誓っているからね(爆)

って、言いながら今日もしっかり負けている博徒なのだ(^^;

じゃさ、嫌がらせが目的なのね。督促だけが目的なら、本人を待ち伏せでも何でもして、個人にするべきよね。そうはせず、毎日決まった時間に同じ声の会社にいますかコールはいくらなんでもねえ。まるで俳句のように型を踏んで、いちおう、とくそくはしました、金貸しとしての義務は果たしました、とでもいうように。それに、払わないから払わないのであって、払うようなら借りないじゃろう。これ、卵が先か鶏が先かみたいな話なのよね。笑

ばどさんもありがとう。
私の大好きだった農民がこれでなくなったんです、数年前に。断腸の思いでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 督促のしかた。:

« 秋瑾 その2 | トップページ | 『樹』 瀧春樹の叙情 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31