無料ブログはココログ

« 筆圧ー『拓』16号評の一 | トップページ | 職場 »

2007年1月23日 (火)

天金の書ー『拓16号』評の二

かもめ来よ天金の書をひらくたび  三橋敏雄

天金に触れて愛しよ秋の指     前川弘明
                                   (拓16号)

三橋敏雄の有名な句は、天金の書(閉じたときに頁の上部に金箔が施してある豪華なもの、転じて、大切な書物の意味ももつ)を開いたその形から、まるでかもめが飛んでいるようだと連想して生まれた句であろうという。(北村薫「詩歌の待ち伏せ」所収)。なるほど、そういわれてみればそういうふうに思える。発想のみなもとはそうであるとしても、句のもつロマンティックな香りは鴎、天金の書という両方ともにエキゾチックな取り合わせによるところが大きい。夢多き青年のイメージがある。

いっぽう、前川のは、「愛しよ」を「かなしよ」と橋本多佳子の「一指一趾愛し」と同様の読みをすると、凋落の憂いを内包した、中年の哀感に満ちた句によめる。それはそのまま、金箔の手触りのひんやりとした感覚をよみながら、もうすぐ天のみなぞこに達するいのちの切なさ悲しさを歌っている。いい句だなあとおもう。

白露や裁縫職人耄碌す  横山 隆

白露という古典的季語と裁縫職人が合致して、ペーソスがにじみ出る。耄碌のごてごてごつごつがとてもいい。選挙のスローガンみたいに言われる簡単な言葉で深いものをよむ、なんてやめてほしい人間には、琴線にふれるものをもつ。
叔母が久留米で三十年以上も裁縫職人をしている。先日その職場を訪ねたら、古い型のミシンがずらっと並び、さまざまな色の糸が置かれ、おばたち職人は固い古い椅子にかけて熱心に縫い物をしていた。半世紀も前の母の婚礼のときの着物を、もったいないからと洋服に仕立て直してくれたおば。若くて美しかったおばさん。こどもだった私はこのおばの家に泊まるのが楽しみだった。国鉄職員の狭い官舎。・・・一幅の絵のような記憶を思い出させる句だった。

冬耕の凹めば溜まる水の想  有村王志

冬の耕作だから水の想がきまる。抽象的な観念句だが、すとんと腑に落ちる。そこへいくと、

花の下人入れ代わり生き替わり  王志

などいう平凡な作をなぜ詠むのだろう。これには歌人、水原紫苑の有名な先蹤がある。それぐらいは知っていなければ、いつまでたっても九州は文化的な未開地といわれてしまう。・・と、えらそうなことを書いてしまってごめんなさい。歌の引用をしなければならないのに、そらで覚えていないのです。それに花の下ではなかった。いくらなんでも言いがかりだったとふっとあとで思い、あれは能を演じる人の踏む拍に絞っている歌だったなあと反省しました。むかし、父の手に引かれて町の小さな映画館(京座といったっけ)で美空ひばりのちゃんばら映画を見ていると、突然、場面が変わって、斬られた人も全員総出でチャンチャカチャンと花笠音頭みたいな踊りをしていた。そういう場面転換の速さを一句に内包している句でした。花は永遠。人は早送りの光の一点。そんな印象を残します。

われら団塊無手勝流の花咲かす  宇田蓋男

と思っておられますが、ほんとは一色の花かもしれず。自由と思ったとき人はなんと不自由なことか。

お下りのあとじょんだれて坂がある  横山哲夫
あらかぶんごつある彼のうらくんち    〃

お下り(正月の雨)と「じょんだれる」という方言が絶妙のひびきあい。八女でも言います。じょんだれる、とずんだれるとは似ていますが微妙に違うようです。また、あらかぶ(どちらかといえば下等な魚、あかい。よく冷凍にされてます。お味噌汁やから揚げにするとおいしい。標準和名はカサゴ)の句は、「彼のうらくんち」がよく私には意味がつかめませんでした。かの、浦くんち、なのか、かのうら・くんち、なのか。さあ。

すみません!まちがえました。「彼」が気になって気になって、ずっと調べていました。そのぎぐんという地名がながさきにはありまして、その彼とも関連するのかなと。あの彼とはなんでしょう。http://nagasaki.cool.ne.jp/tdragon/yogo.htm おくんち用語を調べてみましたら、「お下り」は、おくだりでありました。はい。私はおくだりをおさがりと同一視しておりました。お降り、御降とも書き、正月、ことに元旦に降る雨、雪をいいます。俳諧や和歌の歴史のなかでは「降り物」や「そびきもの」をとても重要視した歴史があり、それは天と地をつなぐものであるからでした。でも、この句は、長崎くんち、それも裏くんちを詠んでいる。ということは秋の季語ですから。そそっかしくて、申し訳ないです。でも、やはり、「彼」がまだ不明です。彼杵郡と書いて、そのぎ郡。その地名の意味も知りたいものです。ちなみに、いつものことながら、余計なことまで書いてしまうと、「樹(たちき)」の新年句会(投句式)の中にこんな句があり、強く印象に刻まれました。

放尿の他に用なきもの”彼奴め!”  (詠み人知らず)

わたくしてきに一位でしたね。まいったと思った。おとこの悲しさが分った気がした。前にも書きましたが、「戦力外通告」(藤田よしなが)を読み、おそわったのが、そのことについてだったので。知らなかったなあ。そんなデリケートなおとこのきもち。いやらしいなんておもわないよ。

※追記(10月6日)
  けさ、この文章にトラックバックがついてましたので、ひさびさに読み返しました。おくんちって、いまごろなのかな。

« 筆圧ー『拓』16号評の一 | トップページ | 職場 »

コメント

約4,450,000件中1位。「天金の書」検索。
ながさきの前川さん、すごいですね。
そりゃ三橋敏雄もすごいけど。

はい、すみません。アクセス解析をしてます。
日ごろ乙四郎記事にうもれているため、時にはかささぎの愛伝テティを確認しなきゃいけんとです。

天金の書

1460万件中5位

上位にはやはり、三橋敏雄の有名な句ばかり出ます。
そこで健闘している、九州俳句、長崎の前川弘明。
ことしは原爆忌の俳句を作っておきましょうね、みなさま。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天金の書ー『拓16号』評の二:

» ゆいレール [沖縄観光データバンク]
ゆいレールは平成15年8月10日に開業し、「ゆい」は沖縄の方言である「ゆいまーる(助け合い)」の意味があります。那覇空港駅から首里駅まで走ります。約30分で走り車内では各駅ごとに沖縄の音楽が流れているのを聞くのも風情があります [続きを読む]

« 筆圧ー『拓』16号評の一 | トップページ | 職場 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29