無料ブログはココログ

« 神の旅 3 | トップページ | 筆圧ー『拓』16号評の一 »

2007年1月22日 (月)

ネイティヴ・ヤメリカン語

冬樹蛉さんちのブログで、ネイティヴヤメリカンを名乗る人と出会った。ギクっとした。思いがけないところでミウチと会ったようなばつの悪さでした。こうなったら八女弁でいこう。

土曜、十三の少年が三冊も漫画を買って持ってきたけん、なんば読みよるとーち聞いたら、「ぎんたま」っていうん。えっギンタマ。なにそれは!っと、どぎまぎして問い返せば、この字。とゆうて、「銀魂」と書かれた表紙を指す。ああなーるほど。どうでもいいことが気になるのどうのこうのの巻き。と書かれていたようだった。「おもしろいと?」「うん。おもしろいと。」

作者はだれ。「そらち」。
 へ?「空知」。

しらん。
とゆうことで、ウイキペディアの世話になる。
ウィキペディアはとても役にたちますが、資料として貼り付けをすると、次に開いたときにはもうすでに、「現在このでんわは使われておりません」 みたいな状態に陥っています。あれをなんとかしてほしい。使うほうとしては、全くなんにも出ないのが一番こまる。あいそもへったくれもない。どこか難があっても、記録として残しておいてほしい。おもしろいものがあるから。

たとえば、先日うちの次男が見ていたのですけど、明石家さんまのウイキペディア。よく調べて書かれていた。しかも芸がこまかい。おかしくておかしくて、つい座布団を三枚ほど投げた。内部事情に詳しい人が書いたんだろうか。批評性もあり、突っ込みが冴えていた。でも貼り付けても時に消えるのですよね。なにが不足あるいは余分なんだろ。興味のあるおかたは、ご自分で引かれたら、たぶん出ます。では。(どちらも出ませんが、いちおう。)

空知英秋:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E7%9F%A5%E8%8B%B1%E7%A7%8B

明石家さんま:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E7%9F%B3%E5%AE%B6%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%BE

八女弁リンク:http://tanka-souko.cocolog-nifty.com/blog/

« 神の旅 3 | トップページ | 筆圧ー『拓』16号評の一 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネイティヴ・ヤメリカン語:

« 神の旅 3 | トップページ | 筆圧ー『拓』16号評の一 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29