無料ブログはココログ

« 応答発願 | トップページ | 31文字倉庫 »

2007年1月13日 (土)

身一つの世界

ほんとに、なんにもない部屋だった。事務所のあるビルには隊員さんたちの寮があって、急に警備の仕事が入ったときなど、隊員を呼びにいかされる。やっとゆっくりほっとくつろごうとしている隊員を呼びにいくのは、なんとも辛いものである。

一度、ヘルメットをさがしてきてといわれ、上がって室内を探した。おとこばかりの所帯が殺風景なのは当然にしても、壁にカレンダー一枚かかっていないのには打たれた。家具がない、かざりがない、あそびがない。うわああ。カレンダーが手に入らなかったのかと思って、うちにカレンダーはあまっていますが・・と言ってみる。でも、いらないとのこと。この返事にまたまた、打たれる。まるで、家庭的なものすべてから、逃避でもするかのようである。なんて彼らは普通のひとたちと価値観が違うのだろう。私には予想もつかない世界だ。

きょうは、特別ばたばたと忙しかった。私も社のトラックで隊員を現場に移送した。それでもガス工事は予定を超えて時間がかかり、夜勤明けの隊員は、いつまでも飛び入りで入ってしまった仕事から帰れなかった。またすぐ夜勤があるのに、いったいいつ眠るのだろう。と、心配していたら、やっと終わって下番される。きっと夕方までの数時間を死んだように眠るのだろう。なんともはや、すごい職場である。厳しい職場である。それでも、だれも風邪一つひかないのは立派だ。一番のんきなパートの私が十日も風邪をひいていたのは情けなかったなと反省する。

そうそう、きょうは、まかない婦のしごとがまわってきた。予定外の仕事に駆り出された隊員が数人いて、眠る時間がないほど疲れておられるのをみかねて、料理当番を代わってあげる。寮には七人のこびとならぬ隊員さん、その七人ぶんの食材を確かめにいき、メモして献立を考え、カレーと、もやしの和え物を作り、たくあんをきざむ。その量はカレー大箱二箱ぶん。中辛カレーだったので、砂糖をいれて少しあまくした。これ、わが家ふう。だってうちには年寄とこどもしかいないから、からいのが苦手なんだよね。それに慣れてしまってるから、どうも中辛さえが辛く感じられる。きっと、なんだこの甘いカレーは!と、思うだろうが、このさい、文句は言わせない。

あしたとあさっての夕食の献立までは考えられたが、弁当まで自分達で作られることを思えば、わたしの予定通りの調理はできないかもしれない。それでも、乏しい材料で献立を考えることは、妙に楽しく、血がさわいだ。・・・まるで、しらゆきひめみたいだよね。52歳のしらゆきひめ。ううう。ちょう不気味。

« 応答発願 | トップページ | 31文字倉庫 »

コメント

ごく最近のことですが、短歌のブログを開設しました。やまなみ短歌が中心のブログですが。時々アクセスしてやってください。
http://tanka-souko.cocolog-nifty.com/blog/

せいこさん。いま、コピーして検索かけたけど、出ないよ。なんでやろ。そういえば、さくらさんからせっかくご紹介いただいたデジタルカメラのサイトも覗けなかったし、高木一惠さんのホームページにも接続できなかった。なんどもやってみたのに。ヒントください。ブログの題を教えてください。

ごめん。なんかまだ、慣れてないのですよね。短歌のススメで検索すると、31文字倉庫というのがあると思う。それです。よろしく。短歌仲間の数人しか、まだ報告していないのですが・・・。

いやあ、この内容は面白かった。実にリアルで、実感こもってた。このネタ、しばらく続けて欲しいね。短歌やら俳句には食傷気味で、現場の男ムンムン、が嬉し楽しであります。できれば具体的な事例を挙げていただけるとなお、嬉しいです。

そっかい。
なんじゃら、じっかんこもっとるのお、おのだがゆうと。
ほんとはめちゃくちゃおもしろいはなしがいいいいっぱいあるんだけども、それ書いていいものか、こんなおらでも躊躇するだよ。でも、せっかくだから、いまかこう。あのさ。フィリピン地図がはってあった。笑。もう、なしねーってかんじよ。おとこってかなしいいきものやね。ではまた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身一つの世界:

« 応答発願 | トップページ | 31文字倉庫 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31