無料ブログはココログ

« 喪服妻と四月の雪と色気とは | トップページ | かささぎ警備保障(有) »

2006年12月 4日 (月)

久留米、師走

久留米、師走

目抜き通りのカソリック教会です。
学生時代ミサに一度礼拝したことがあります。小倉の教会と違って、神父さんの衣装がきらびやかで厳格な印象でした。あとで知ったことは、こちらはカソリック、あちらがプロテスタントでした。

久留米、師走

きのう、久留米市民図書館に本を二冊(カイコの一生の写真本と、石田郷子著『名句即訳ー蕪村』・・タイトルをはっきり記憶していない。たぶんこうだった。とても勉強になった)もどしに行ったら、駐車場が満車で、こまりました。土日の昼は多いので、平日がいいです。見えているのは、石橋美術館です。そういえば、地続きです。

久留米、師走

ここはどこでしょう。井筒屋の向い側、郵便局の前です。珍しくも和服の女性、それも和装のコートを御召しになったなよやかな年配の女性があちらからやってこられたので、別のものを撮るふりをして、つい撮ってしまいました。やはり着物はいいですねえ。師走って感じが出ている。(人通りは少なかったけど、車は多かったのです)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4835609433/sr=1-7/qid=1165208984/ref=sr_1_7/503-8138807-4117531?ie=UTF8&s=books

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4251033558

« 喪服妻と四月の雪と色気とは | トップページ | かささぎ警備保障(有) »

コメント

こんにちは!
久留米の写真、私のために撮ってきて下さったのですね?なーんて。

井筒屋のまん前、郵便局の隣の道を隔てたビルが私の昔の職場です。

毎日100通ぐらい発送する郵便物を、夕方籠に入れて通便局の窓口に出すのが新入社員の役目でした。

西鉄久留米駅で降りて、この協会のある幼稚園の前を通って通勤していたわけですが、毎日時間ぎりぎりに駆け込んでいたので、教会の建物は良く見ていなかったです。

郵便局の前にこんな並木があったなんて、どう考えても思い出せません。
その後植えられた木だと思います。

そうですそうです。さくらさんのため。笑
井筒屋前というと銀行の並ぶ通りですね。
街路樹は、銀杏であったと思いますが、こうして写真で見ると銀杏だけでもないような感じですね。
西鉄駅から結構あります。歩いて十五分はかかるし、気持ち的に十分とおいです。
郵便局の駐車場が狭くて、でも去年までは自由に停めれたのですが、ついに有料になりました。あまりにせまいとこをこせこせと区切っているので、うっとうしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久留米、師走:

« 喪服妻と四月の雪と色気とは | トップページ | かささぎ警備保障(有) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31