無料ブログはココログ

« 匂いと味 | トップページ | 農学者飯沼二郎の目  1 »

2006年12月12日 (火)

スカート

「会社にはなるべくスカートをはいてきてくださいね。」

と、会社のおつぼねボス(もつとも、われと同じ年頃だが)に言はれる。スカートか・・としばし感慨にふける。もう何十年もはいてゐなかつたやうな気がせしが、あつたらうか。主婦にて家にこもれるは自分の洋服代等ちやらちやらしたものに全くお金をかけることあたはず。化粧もしかり。自慢ではないがファンデーションと口紅とまゆ墨しか持つてをらぬ。

大げさなれども、スカートをはけば、世界がかはる気がする。

« 匂いと味 | トップページ | 農学者飯沼二郎の目  1 »

コメント

スカートをはいてきてください・・・は、今時珍しいような気がしますが、職場がそうなら仕方ありませんね。
ここは素直に従うべきでしょうね。

私も永年パンツ一辺倒に徹底したノーメークです。
でもスカートはいて心機一転楽しむのもいいじゃないでしょうか。

ひめのさん、ご無沙汰してます。
貴女のスカート姿を妄想してます(笑)

>ファンデーションと口紅とまゆ墨しか持つてをらぬ。

はい、十分じゃないでしょうか?
すっぴんでも素敵な貴女がいますよ♪

さくらさま。ひさびさのばどどん。コメントかたじけのうござる。
日々新鮮です。書きたいことが山ほどあるんです。笑
ちっちゃな、家族的な会社で、ほとんど丸抱えってかんじですわ。なにがなにをか、勝手に妄想してみてくだされ。
毎日三十分かかる通勤に、ラジオをききながら運転している時間が至福のときです。

なぜスカートがいやか、ストッキングがね。

スカートなんてあなた、大した問題ではないですよ。第一(失礼ながら)あなたの年齢で、すんなり就職できたこと自体なかなかのものですよ。私みたいな専門職(看護師)でさえいたるところ年齢制限あり、なんですから。就職情報を見る時はまず年齢、です。あ、ここもだめ、これもだめ、あ、こっちも…なんてことを経て、やっと決められたんですもの(まあ、探せば確かにありますが)。会社人となったからには、せいぜいおきばりやす!

それもそうか。
年齢不問で九時から四時までの事務職があったこと自体が天のお助けなのかも。タイミングがちょうどよかったのね。運命でしょう。それと、八月から四ヶ月やったヨガのおかげで、どんなにきつくても回復ができるからだになっていた。四ヶ月だったけど自分でやれる定型ヨガをマスターできてた。ところでオノダさん。いつのまに看護師におなりです。あれは労働力と報酬があってない気がしませんか。とてもきつい。

飯沼二郎検索でどなたかいらして下さったおかげで、こをんな懐かしい顔にあえました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカート:

« 匂いと味 | トップページ | 農学者飯沼二郎の目  1 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31