無料ブログはココログ

« 七竈 | トップページ | 孝のはじめ »

2006年10月31日 (火)

ラストクォーター

あさの父母の会話ー
母「ほら、まるまるしゃんはしんぞうにヘルスメーターば入れとらっしゃるじゃんね」
父「あーそうじゃったのう。そげんそげん」
別によかばってん。(心臓に体重計入れたら死ぬよねふつう)

きのう「下弦の月」という映画を見た感想を書こうとして、題を英語で書こうとしたら、つづりをわすれていた。quarterがquwaterになってね。the last quarter moon、下弦の月。関係ないけど、日本語で「わた」っていうじゃろ、わたつみのわた。海のことだけど。ヘレン・ケラーが初めてコトバを実感を伴って発するのが、「ぅわた」だったよね・・water.

19年に一度、同じ日の同じ位置に同じ下弦の月がかかるんだそうです。成宮寛貴が出るから見た映画なんだったけど、ふしぎな味わいの映画だった。そうそうラルク庵シェルのハイドって子が出てて、とても歌がよい。・・この年でそげんミーハーなこた、どげんでんよかとばってんね。暦的に興味があった。この19年周期の月の動きを中国語では「章」と呼ぶと鏡リュウジが解説しており、「へえ」と思って。章って文章の章だし、弟の名にもこの字が入っているから気になるとです。http://www.bekkoame.ne.jp/~topos/steiner/umriss/umriss26.html
http://www.asahi-net.or.jp/~nr8c-ab/ascalcmeton.htm
(ついでに、七夕起源:http://www.asahi-net.or.jp/~nr8c-ab/tn00.htm

時の流れは非情であり、公平です。
「わだつみのいろこの宮」は青木繁の描いた浪漫の香りあふれる名画だけど、当時の画壇は歯牙にもひっかけなかったんですよね。落選している。でもいまや、高邁な哲人画家として今なお自称弟子たちの尊崇をあつめてやまぬ坂本繁二郎より、ずっと画家としての人気は高い。それは皮肉なことに、ほかの誰より、坂本繁二郎自身が知っていたことだ。才能は、本物がわかる人にしかわからないんだね。

« 七竈 | トップページ | 孝のはじめ »

コメント

No explanations were needed; I made frantic gestures to windward, however, would take to make hundreds of counts, copper captains, one almost a genius in the church in this particular danger in very heavy weather.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/4016083

この記事へのトラックバック一覧です: ラストクォーター:

« 七竈 | トップページ | 孝のはじめ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31