無料ブログはココログ

« 花の名前 | トップページ | 歌仙「菊」 9 »

2006年9月 8日 (金)

歌仙「菊」 8

当方の手違いから、きのう打った記事ー 歌仙「菊」 8ー が消えてしまいました。ひどいです。泣きたいです。

どこを見ても、記録は残っておりません。どうしよう。自分がわるいんですが。間違って削除をクリックしたからです。まさか保存記事が消えるとは・・あたまのなかでは、おなじものがいつでもいくつも無尽蔵にあるというイメージだったのにい。なんてこったい!

どうしたらいいでしょうか。もしどなたか、何かやりかたをご存じであれば、ご教示願います。管理画面で探したら、一度削除したら、二度と元に戻りません。ってな薄情なことが書いてあった。そげんだいじかこつははよ言ってばい。とほほ・・

歌仙「菊」(仮題)

初折オモテ
発句 生きたまま脳に届いて殖えて菊    冬樹 蛉
脇   赤とんばうを放ちやる空        姫野 恭子
第三 三日月に「子とろ子とろ」の響くらん  鍬塚 聰子
四    シナモン味のパンをください     倉本 朝世
五  スカートがはらり自転車から下りて 
  杉浦 清志
六    早き朝には冴ゆる橋げた       沢  都

ウラ   

一  背振山ちぎれちぎれに雪降り初む   澄(すみ)たから

二    よく似た痣を見せ合つてをり      朝世

三  短髪のうなじは白き指睦び       bud

四    発泡酒までおまけで釣るか       蛉

記録が消えてしまいましたが、budさんの付案は、

   すれ違いまたすれ違う回れ右

   年上に憧れるきみ正常

   短髪のうなじは白き睦まじい

でした。どれをとっても味のある恋句でしたが、三句目を座五の一部のみ変えていただきました。ありがとうございました。

座五を「睦まじい」から、「指睦び」にかえるときに、鈴木しづ子という伝説の俳人の有名な句を引用しました。

   花の夜や異国の兵と指睦び  鈴木しづ子

http://homepage1.nifty.com/B-semi/library/koiku/12suzuki.htm

↑このなかのしづ子句は、「指睦み」となっておりますが、原句は「睦び」が正しいそうです。この頁を書かれた詩人の正津勉氏に確認していただきました。早速きっちりとした返信をいただき、ありがとうございました。実は、私は鈴木しづ子が好きで、資料を集めていたので、睦みとなっているのを見て、すぐおかしいなと気になった次第です。でも、原典を一度も見たことがないんですよね。今回つらつらと考えてみましたが、「むつび」だから印象に食い入るのであって、むつみでは迫力がぜんぜん違います。最初にこの句をみたとき、ものすごく残りました。それは、句の内容というより、「睦び」一語の異物感だったと思います。すごい句を書く人だなあとおもって。気迫が並じゃない。不幸な女だなって。

つぎは冬樹蛉さんにお願いしてみました。すると、更新されたブログの題名にちょうどいい短句があります。これをいただきます。れいさん、ありがとうございました。そういえば、れいさんを、私はほとんど存じ上げない。ふしぎですが、こういうことも連句にはあるんでしょう。かさぎ連句ならぬ、かささぎ連句だ。笑

つぎは、私でした。  

五 案 

 みどり子のゆめ翠なる夏は来ぬ

 ヘリ防除操縦日誌積まれゐて

 親王誕生 こんなとこにも祝ひ旗

ヘリ防除とは、稲の害虫防除を専用ヘリでやるもので、ここ数年のあいだに主流になってきました。季語としての登録はあるのかないのか、稲が早稲かおくてかでも違うでしょうが、晩夏から初秋の季語です。二度はやります。このヘリ操縦がやりたくて農協職員になる人もいると聞きました。まったくかわいいなあ。おとこのこは。

発泡酒はビールとしたら、季語的には夏でしょうから、一応夏でつけてみた。三句目は時事句です。次は、ようやく、こどもの日記のひろばの、戸畑のベテラン俳人・鍬塚聰子さんです。雑の短句をおねがいします。

追伸) くわつかさんへ。

   二句目を少し変えます。ことばがこなれていなかった。

  無人ヘリ操縦日誌積まれゐて

このなかでは一番いいかな。積まれているのは、農協支所の机の上か、それとも、軽トラに備品として置かれているのか、そんなかんじ。 

  

 

« 花の名前 | トップページ | 歌仙「菊」 9 »

コメント

難しいですね。どれを採って・・・
 ウ3に白があるから「翠」は外した方がいいのかな?忘れました。へり防除か親王でしょうか。でも自転車出てるし「子とろ」があるし・・・・うーん!

くわつかさん、ごめんなさい。
もっとましな句がでればよかったんですが、ばたばたしていて、集中できない。ふとんをどしゃぶりの雨でおひたしにしてしまいました。急に降るんだもの。
みどりは×。無人ヘリ操縦日誌積まれゐて・・でもいいかな。親王句はいまいちだったと反省しています。それから、さわりとかはあまり気にしないようにしましょう。句が小さくなるから。

では
三 短髪のうなじは白き指睦び   bud
四  発泡酒までおまけで釣るか  蛉
五 無人ヘリ操縦日誌積まれゐて  恭子
六  
  イ 肥後の守で色鉛筆削ぐ
  ロ 一挺二挺五つ玉十露盤
  ハ 洗面器ならタンバリンよ

恭子さん、二十年やっててもあなたと違って、他の人の俳句をあまり読まないから(主義ではなく単なる怠け者)ベテランと言われると「誰?」と振り返ります。恥ずかしいです。

親王の句にして、十露盤がいいと思わない?昨日劇団MAMの第一回打ち合わせで、黒崎の商店街に野菜の出店があって、「今日は安いよ、赤ちゃんが生まれたから」と言ってたから「あら、お孫さん?おめでとう」「いやうちじゃなくて、東京で・・・」という一幕がありました。イチジクを4パック一箱750円。劇団MAMへの差し入れにしました。美味しかった。皮も食べました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/3362313

この記事へのトラックバック一覧です: 歌仙「菊」 8:

« 花の名前 | トップページ | 歌仙「菊」 9 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31