無料ブログはココログ

« 歌仙「菊」 16 | トップページ | 台風13号 »

2006年9月18日 (月)

短歌行「肢も飢えたり」

   四吟短歌行・「肢も飢えたり」

        平成十年三月十二日起首 〃四月二十九日満尾

          衆判、亜の会(宗匠・前田圭衛子)作品、現代仮名 
 麦笛や空までゆきし乳母車        原 しょう子(夏)
      蓋(きぬがさ)のごと朴の花持つ    姫野 恭子(夏)
 戸口には走り井の水売りにきて     三木 祥子(夏)
   新涼にくる降格辞令           貞永 まこと(秋) 
 ウラ
 とんぼうの肢も飢えたり二日月        恭子(秋・月)
   円形劇場秋を惜しみぬ           しょう子(秋)
 虹色の文の宛名はうりこ姫          祥子(恋前)
   淵覗くたび着痩せしており         まこと(恋)
 火宅なり鱶ひれスープ啜るとき         恭子(恋)
   大工仕事をなおざりにして         しょう子(雑)
 抱一の山を動かす八重桜           祥子(春・花)
   春愁という牛頭馬頭の唄          まこと(春)
 ナオ
 吐魯蕃の皿うらうらと陽炎える         しょう子(春)
   風切羽にしまう冒険             恭子(雑)
 長老のルーツくずれぬ酒のあり        まこと(雑)
   ペニーで釣銭勘定が合う          祥子(雑)
 つつましく君に打たるる土なりき        恭子(恋)
   綿虫舞う夜泊まってください        まこと(冬・恋)
 月凍るキャビンに古りし航海図        しょう子(冬・月)
   中也の詩集にはさむ青春          恭子(雑)
 ナウ
 洋弓を引く少年は身を反らし          祥子(雑)
   木陰の椅子にいつか微睡む        しょう子(春か雑か)
 花の雨模造の町は音もなく           まこと(花・春)
   アニメーターが写すひこばえ        恭子(春) 

連衆  原 しょう子、三木祥子、貞永まこと、姫野恭子 

『わいわい連句遊び』 (東京文献センター平成13年刊) 所収

※ 短歌行(たんかこう)
        オモテ四句ウラ八句。二花二月
、ほかは歌仙に準じる形式。

   蓋(きぬがさ)
    わが背子が捧げて持てるほほがしは
       あたかも似るか青き蓋   
                  (万葉集歌より一語の引用)
 http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/nineteen/m4204.html
 http://www.asukanet.gr.jp/sanzan/hana14.html
  発句を受けて脇に「朴の花」を出してしまいました。今の自分ならこんな大胆な付けはできません。連句には花の座が二つあり、花ということばにはとても神経質になっているからです。しかしながら、宗匠に見ていただくと、それが付け句としてはよかったので、ウラで花の座があるとしても、これでいこうと。ウラの花が「八重桜」となっているのは、そういう意味です。オモテの脇で出た、「朴の花」に気を使っているかたちです。宗匠に形の指導をしていただきました。初期のころの記念すべき作品であり、ひさしぶりに読み返してみて、あまりにも自分の句が若く単純なことに恥ずかしさを感じる。と同時に、その当時はまるきり見えなかった、天籟通信のベテラン俳人だった原しょう子さんや小説家三木祥子さんや貞永まことさんといった錚々たる俳人の気遣いと個性が、いまはよく見えます。連衆のみなさまへはことわりなく転載いたしました。どうぞ今後の勉強のためにご許可くださいませ。

   抱一(ほういつ)
          酒井抱一、江戸時代中期画家。繊細かつ優美な写生画である。
    http://www.city.itabashi.tokyo.jp/art/collection/ntb001.html

   牛頭馬頭(ごずめず)
     釈教用語。http://www.tv-asahi.co.jp/kozure2/contents/words/0003/

   吐魯蕃(トルファン) http://www.asahi-net.or.jp/~ti6t-mri/memory/china/tulufan.html                                                      

« 歌仙「菊」 16 | トップページ | 台風13号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短歌行「肢も飢えたり」:

« 歌仙「菊」 16 | トップページ | 台風13号 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31