無料ブログはココログ

« 娘と仕事とボーイフレンド | トップページ | 切字論、川本皓嗣 1-2 »

2006年9月 3日 (日)

切字論、川本皓嗣 1-1

川本皓嗣という人の「切字論」を、全文引用したいきもちがある。

こういうのは、誰かにお断りしなければいけないのだろうか?

自分が読んでなるほどと思ったものを、多くの人に紹介したい。

先日から、連句の第三のかたちがどうのとこだわっているのは、切れ字論ともかかわりがあるので、やはり、めんどうでも、全文引用してみよう。学者ってすごいなあと思うのは、その読む本の圧倒的な物量なのだ。それは、北海道の杉浦清志先生にも感じる。それが学者の仕事だから、と言われては、仕方ないが。

ーーーーと、朝っぱらからまた写経みたいに写し始めたけれど、だんだんきつくなる。読む人いるかなあ・・というきつさ。どこからか、論はいいから、という声がしそうな気がして。

検索をしてみると、この面白い論文はネットでは読めない。

そこで、やはり、面倒でも、数日かけて全文写経することにした。それだけの価値があると思うからに他ならない。

       「切字論」     

                川本 皓嗣

                                  1      

 発句の基本条件が季語と切字であることは、誰でも知っている。この二つの要件のうち、季語(あるいは和歌以来の季の詞kotoba)に関しては、これまでにおびただしい研究の堆積がある。ところがもうひとつの切字については、文学辞典や俳諧辞典などのごく型どおりの説明を除けば、本格的な論考をめったに見かけないのはなぜだろうか。

 また、これもよく知られているように、同じく切字とはいっても、たとえば、

  病雁の夜さむに落て旅ね哉    芭蕉

の「かな」のように、それが句末にくる場合と、それから、

  六月や峰に雲置あらし山     芭蕉

  ほろほろと山吹ちるか瀧の音   同

の「や」と「か」のように、どこか句の途中に置かれる場合とがある(芭蕉の句は、すべて中村俊定校注『芭蕉句集』から引く)。もしふつうに考えられているように、切字が句を切断するものだとすると、まず切字が句の途中にある場合には、何も問題がない。たしかにその切字を境目として、句が前後二つに切り分けられるからである。(ここでは、「句」の語を、つねに一句十七字の意味で用いる。したがって「句末」とは、一句全体の末尾を言う)。しかし一方、句末にくるときには、途中のどこにも切れ目ができないので、まるまる一句全体が、その末尾で「切れる」という妙な事態になる。この場合には、その一句全体が、その後にくる何ものかから切断されると見る他はなく、連句ならば当然、その何ものかは発句に続く脇句(第二句)ということになる。  (つづく。長い論文なので、十日か二週間かかるかもしれません。毎日ちょっとずつお付き合いください。国文科の授業を受ける感じです。)

引用元:http://www.otemae.ac.jp/gaiyo/gakucho/chosak.html

19.シリーズ俳句世界別冊1:芭蕉解体新書
シリーズ俳句世界別冊1:芭蕉解体新書
共著 平成
9年
4月
雄山閣出版 芭蕉俳句の今日的意義をさまざまな角度から考察する論集(228p.)
担当部分:編集と座談会「芭蕉の永久革命」pp.12-62、および「切字論」pp.197-208
「切字論」は発句の必須条件として句中や句末に置かれる切字が、どのような機能を担っているのか(発句独立の保証か、句の両断か)という問題を、連歌以来の発句論を検証しながら明らかにしたもの。

« 娘と仕事とボーイフレンド | トップページ | 切字論、川本皓嗣 1-2 »

コメント

川本皓嗣

検索5番目に出るようです。

ありがとうございます。
とてもわかりやすい、とどなたかが書かれているように、この人の文章はなにかすごく真摯な切実なものが蔵されていて、しみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/3301167

この記事へのトラックバック一覧です: 切字論、川本皓嗣 1-1:

« 娘と仕事とボーイフレンド | トップページ | 切字論、川本皓嗣 1-2 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31