無料ブログはココログ

« 矢部川 | トップページ | 張形としての俳句(その五) »

2006年8月13日 (日)

魂迎え

魂迎え

戸畑の高峰霊園です。ここに立つと、くきの海(洞海湾)や若戸大橋などが一望できて、女学生時代、小倉の女学園からいつも見ていた景色と重なり、胸がいっぱいになります。

魂迎え

この少年は次男であります。さっさと一人でいっちゃうのですね、最近は。笑

魂迎え

毎年、夫とその母と、このところは次男と私の四人で霊園を二つめぐり、たまむかえをします。これは午後五時近くですが、まだ日が高くてとっても暑かったです。でも夕暮れですと混雑するので、いつも早めに出かけます。うっかりライターを忘れて、お線香に火をつけられず、困っていたら、近くのお墓の人が貸して下さいました。「これもご縁ですから」とおっしゃって。ありがたかったです。(姑がいうには、元戸畑市長さんのご家族だったそうです。どうもご親切を感謝いたします。)

« 矢部川 | トップページ | 張形としての俳句(その五) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魂迎え:

« 矢部川 | トップページ | 張形としての俳句(その五) »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31