無料ブログはココログ

« 東京 3 | トップページ | 深大寺 1 »

2006年7月14日 (金)

湯島聖堂

湯島聖堂

孔子像。そうか。だから、「ひじりばし」っていうのかな。

湯島聖堂

有名なかいのき。ウルシ科。楷の樹、いわれがあるようです。

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/kainoki.html

http://www2.saganet.ne.jp/ko-si/seibyou/kaijyumonogatari.htm

http://nogijinja.or.jp/yuisho/main.html

http://www.harenet.ne.jp/ugaidani/shizutani/

湯島聖堂

屋根の色が美しかった。はじっこのシビっていうのでしょうか。水を噴き上げているのが珍しい。

参照:「湯島聖堂」斯文会のサイトです。http://www.seido.or.jp/

※この中の『史跡湯島聖堂』のところを開きますと、おしまいちかくに、聖堂は関東大震災で入徳門と水屋をのこして全て焼失したこと、再建を建築家「伊東忠太」が担ったことが書かれております。いま、その伊東忠太の名前で記憶が蘇えりました。西牟田靖著『写真で読む「僕の見た大日本帝国」』で取り上げてあった、靖国神社の狛犬(靖国通り側)とサハリンの狛犬が似ており、それをたどると、魑魅魍魎が大好きだった伊東忠太にたどり着いた・・という一節です。狛犬のデザインをしたのが伊東忠太だったそうです。彼は、西牟田さんの本によりますと、朝鮮神宮や台湾神社など代表的な海外神社の数々を設計した建築家で、戦前の日本を代表する建築家として文化勲章を受章しているそうです。

湯島:http://www.geocities.co.jp/tokyo_ashy/s-yushima1.html

聖堂の大成殿およびしびときりゅうし:http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/photo/bunkyo/taiseiden.htm

« 東京 3 | トップページ | 深大寺 1 »

コメント

今はなき、松本杏花さんのうしろすがた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯島聖堂:

« 東京 3 | トップページ | 深大寺 1 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31