無料ブログはココログ

« 日本青年館 | トップページ | 東京 1 »

2006年7月11日 (火)

狛犬

狛犬

靖国神社境内入り口のです。

狛犬

同上。これが最も外にあります。西牟田靖さんの本に書かれていたものと思いますが。(でも、違うようだなあ。靖国通り側の狛犬って、これじゃないのでしょうか?まだいたのかな。右左一対のを二つ写してきたのですが、西牟田本のと比べると、どうも違うようです)。

それにしても、紅白の紐(電線かも)を掛けられていますね。これは広い参道の両脇にずらりと何段にも吊るす提灯(寄付金を上げた方々の名前入り)に関連するひもなんです。もし狛犬がたとえば乃木将軍とかの像であれば、滅相もなくってそんな失礼なことはできないのでしょうが、こまいぬだとなじんでいるのがおかしい。

狛犬

湯島聖堂の「鬼龍子きりゅうし」という聖獣。聖堂の屋根、流れ棟の四隅角に鎮座していたものを、展示してあります。想像上の「霊獣」で、孔子のような聖人の徳に感じて現れるそうです。古代中国伝説の霊獣「すうぐ」によくにている、とあります。(右足に寛政十一未年八月、御鋳棟梁 松井大和(松平大和)、紀 清政 の銘あり)。

今日(七月十六日)、斯文会の湯島聖堂のサイトを読んでいましたら、大正十二年大震災で焼失した時、再建をになった建築家が「伊東忠太」であると知りました。だからだ!と嬉しくなった。じゃ、この鬼龍子も、魑魅魍魎が大好きだったという伊東忠太の設計だと思われます。実は私はこのきりゅうしを二枚、たてつづけに写していたのですが、それをみますと、まるで生きているようで、正直びびります。すんごくリアル。笑

※ 追記:リンクサイトhttp://www.geocities.jp/masa030308jp/mitama2005/intex3.htm

« 日本青年館 | トップページ | 東京 1 »

コメント

靖国神社の献灯についての記事を本日11月3日たまたま発見ましたので、リンクしておきます。http://www.geocities.jp/masa030308jp/mitama2004/intex7.htm

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/2605456

この記事へのトラックバック一覧です: 狛犬:

« 日本青年館 | トップページ | 東京 1 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31