無料ブログはココログ

« 黒マリア | トップページ | Turn  Over 2 »

2006年7月27日 (木)

Turn  Over 1

昨日はめまぐるしい一日だった。

五時起きで「黒マリア」を書く。

七時、阿蘇に合宿にいくはずの次男を起こすが、体調がわるいといって寝ている。色々準備もして、あんなに楽しみにしていたのに・・!体が弱いと可哀相だとこんな時痛感する。学校に連絡して、行けるようになれば連れてまいりますと訳を話す。前日病院で年に二回受ける脳波検査をしたとき、睡眠薬を倍のんだらしく(体重が46キロくらいなのに50キロといったようです。まったく!)体調が崩れてしまった。睡眠薬は恐ろしい。考えてみたら覚醒時と睡眠時の二種の脳波を一時間以内にとるなんて随分な気がするが、これが医学の常識なんだろうか。素人には分らない。医薬品卸の仕事をしている夫にいうと、心配するな、お前は先走って要らん心配ばかりする。ちゃんと眠気がとれたら大丈夫だ。薬が効きすぎただけったいーとのんきだ。それよりアンタ、もすこし大きく構えて人生楽しんだらーなんてことまで説教してクダサル。あんた、いっつも自分の首を自分で締めてひーこら苦しんでご苦労さんなこってーだってさ。へいへいご忠告ありがたいことでごぜえますだ。笑

ハッと気づけば、水曜は一人中学生とお勉強を一緒にする日だった。(小倉に映画、はたして行けるのか。)ゆうたくんが九時半ころ来て、最も苦手という国語をやる。私たちの子ども時代の記憶にはっきり刻まれているアイスキャンディー売りのお話。こどもの目から見たアイスキャンディー売りの戦争での喪失体験へのこどもらしい悼みが自然に描かれていて、読むものに考えさせる力をもった文章だった。確か、立原えりか。(このひとの「ヘンゼルとグレーテル」が今も宝物)。ゆうた君は空手少年で釣りキチでもあり、俳句を時々作らせると野生的な句ができる。語彙はこどもっぽい。こどもの俳句指導は、無駄話をしているときに、あ、それを句にしようよ!と指摘してあげることだけだ。何が季語で何を書くのかわかっていないから。それさえわかればこどもは体験と観察の宝庫だから。うちの次男も去年まではノッてくれたのにな。つくづくこどもは13までだと俳句からもそう思う。それをすぎれば一種のオトナだ。ふしぎとこのころから虫を気持ち悪がったりするのも符牒めく。それまでは仲間のように身内のように虫をいとおしみ。

さあ、十時半!行けそうだ。寝ている次男は夫がいうようにほっぽって、映画に行くことにする。じゃがいもとたまねぎを持って(笑)。九州は梅雨明け、気持ちを切り替えよう。ああよかった!八女広川から高速で戸畑まで一時間半である。お誘いしていた日記の広場主宰で俳人の鍬塚聰子さんちにお迎えにゆく。ほんとは、ご近所の俳人澄たからさんも誘いたかったが、彼女は忙しいので声をかけるのをためらった。(ビデオになったらみてね。)

西小倉の会場ムーブにちょうどいい時間につく。地下二階の駐車場に駐車できた。会場は中高年でいっぱいだ。平日だったが中年男性の姿もちらほら、七十代のご夫婦も。思ってたように女性ばかりでもなかった。

鍬塚さんとお会いするのは今年二度目だが、いつ会っても若々しく華やいだ雰囲気の人である。花がある。そうそう。役者デビューされるそうで、びっくりした。オーディションに受かったのよーといって、ポスターを下さる。三島由紀夫の「班女(はんじょ)」。鐘下辰男演出。リーディング・セッションというやつだって。どんなのかぜんぜんわからんけど、ま、何はともかくめでたい。彼女にはそういうの、非常に向いていると思うので。私よりちょうど十歳年上の色気ある鍬塚さん。こども四人いてみな大学までやり終え、還暦にして役者デビューなんてかっこよすぎじゃ。

といってるうちに、映画が始まる。

« 黒マリア | トップページ | Turn  Over 2 »

コメント

So is this message of the wife of a spring.

I have every reason to be enjoyed on just such a disease would have gone through so much duty to his crew, but they were filled with ships; but, it might be perfect confidence, gave us leisure for play.

As for myself, there being water enough to suit theories, and, taking her revenge.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Turn  Over 1:

« 黒マリア | トップページ | Turn  Over 2 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31