無料ブログはココログ

« 一心行の桜 | トップページ | 附・江崎三兄弟の思い出 »

2006年4月10日 (月)

太郎乙の大塚の家 2

(正木みち「大塚・上の家下の家」より後半の引用を続けます)

 当時、東京市には十五区しかなく、大塚はその一つ小石川区にあって最もはづれにあった。その頃東京市内に幾つかの市電路線があったが、その一つ大塚終点から電通院前、春日町、本郷三丁目、上野広小路を経て、厩橋にいたる線が乙骨家の前を通っていた。乙骨家はその路線の停留所、大塚辻町と大塚仲町の間にあり、距離的には一対二の割合で辻町の停留所の方に近かった。辻町の停留所から二三歩行けばもう豊多摩郡で郡部という事になる。即ち現在の豊島区である。辻町の次が大塚車庫前、その次が大塚終点であり、ここが国電(当時は省線)大塚駅。それから国電内廻りで次が池袋駅。大塚辻町から池袋に向かって広い道路があり、そのずっと池袋寄りに巣鴨刑務所(後の東京拘置所)があった。時々この道を通って池袋に連れて行って貰い、この刑務所の凄く高い塀を見上げて子供心に色々想像したりしたものである。男の子達は大塚駅へ行って、柵の外から省線電車を眺めて喜んだりした。

 乙骨家から電車通りを越した向かい側に東京市養老院というのがあり、身寄りのない老人達が入れられているという様な事を聞かされた。この養老院が後に板橋の方に移りその後に大塚公園が造られた。昭和三年の事である。この公園は当時としてはハイカラな、つまり、多分に洋風であり、ここが出来てからは我々もよく遊びにいったものだ。地形を利用して、一段低い所に広場があり、その頃からここでラジオ体操等が行われた。間もなくそのそばに大塚病院も建てられた。

 乙骨家の上の家、下の家の子供達は、小学校は大体、竹早町にあった女子師範附属小学校、窪町にあった高等師範学校の附属小学校、氷川下にあった大塚小学校の、どれかに通学した。私は高師附属小学校に入り前記の電車通りを歩いて通学したが、当時は勿論道路の舗装など全くない時代だったから、雨でも降れば田んぼ同様のぬかるみになり、足駄をはいても足が泥んこになった。もっとも、大正のこの頃には男子は小学校では半ズボン、中学生以上になると長ズボンの所謂学生服が、少なくとも東京の学校では大勢を占めていたが、女子の場合は洋服はまだまだ始まったばかりとて、元禄袖の着物に海老茶色の袴のスタイルが多かった。履き物は男子は靴、女子もたとえ和服でも足は靴というのが大体の学生のスタイルだった。

 私が小学校一年の頃はまだ大塚仲町から氷川下を経て駒込の方に行く、現在の不忍通りなど全然なく、細い道の向こうには田んぼが見えたりした。この道が広げられて、大塚仲町を中心にして片方護国寺まで、片方氷川下、丸山町を経て駕篭町(現在の千石)まで市電が通るようになったのは私の小学校高学年の頃だった。現在のお茶の水大学がある場所には陸軍兵器支廠とかがあって煉瓦の長い塀が続いていた。

 前にも記したが、護国寺は夏には色々なお祭りで出掛けた所だが、そのほかの時にも折々遊びに行った。護国寺まで行く間に大塚坂下町の通りがあり、その途中に吹上稲荷神社があり、そこの縁日も子供達には楽しみなものであった。その近くに大塚先儒墓所(一名儒者棄て場)があり、そこも時々行った場所である。

 護国寺の先は雑司ヶ谷である。ここは現在豊島区であるから、その頃はまだ郡部だった。有名な鬼子母神があり、秋のお祭には父に連れて行って貰い、名物の里芋の田楽など食べさせて貰った。その辺一帯はまだ広々とした原っぱで、春には摘草に行って、芹など摘んだものである。

 小石川原町(現在白山四丁目)にある寂円寺が乙骨家の菩提寺で、ここには曽祖父耐軒、祖父太郎乙を始め、乙骨家代々の故人が眠っている場所である。我々の子供の頃にもよく亡き人々の法事が行われ、子供達も賑々しく参加したものである。植物園の裏に当たる場所にあり、市電でも行かれたが、子供達は大抵、氷川下から植物園のそばを通り、歩いて行った。その頃は寺の門も植物園の方を向いており、その正面突き当たりに昔風の本堂があり、墓地は右手の方にあった。現在ではすっかり様子が変わり、寺も門も立派になり門は反対側の広い通りに面しており、その通りの向いに京華学園がある。

 大正十二年の関東大震災、それにも増して昭和十二年からはじまり、仝二十年の敗戦に至るまでの長い戦争、そしてその戦争末期に於ける空襲によって焼土と化した東京、更にそうした敗戦直後には想像もつかなかった様な、昭和三十年代後半から始まる高度経済成長、著しい物質文明の発達で、東京も我々の子供時代とは全く変わってしまった。町名も殆ど変わった。それでもこの、大塚界隈は比較的変わらない方だと思われる。今でもあの辺りを歩くと、昔を偲ばせてくれる様なものにふと出逢い、往時懐かしの思いに感傷的になりさえする。

参考:http://www2a.biglobe.ne.jp/~poko/index.html

   :http://www.seido.or.jp/event/event.php?category=5

        :http://cache.yahoofs.jp/search/cache?ei=UTF-8&p=%E5%84%92%E8%80%85%E6%8D%A8%E3%81%A6%E5%A0%B4&fr=top_v2&tid=top_v2&search_x=1&x=19&y=13&u=www.ch-sakura.jp/bbs_thread.php%3FID%3D16113%26GENRE%3Darchive&w=%E5%84%92%E8%80%85+%E6%8D%A8%E3%81%A6%E5%A0%B4&d=PNViPhbfMYkH&icp=1&.intl=jp

« 一心行の桜 | トップページ | 附・江崎三兄弟の思い出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/1340823

この記事へのトラックバック一覧です: 太郎乙の大塚の家 2:

« 一心行の桜 | トップページ | 附・江崎三兄弟の思い出 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30