無料ブログはココログ

« 昆虫学者江崎悌三 2 | トップページ | 江崎悌三夫人・シャルロッテ »

2006年3月17日 (金)

筑後うどん

 「筑後うどん」というカテゴリーがあります。二年前くらいに気づきました。きっと何かのきっかけがあって、だれかが仕掛けたことばだろうと思いますがよく知りません。今のところあんまり有名ではありません。

 佐賀平野や筑後平野には小麦と米の二毛作がまだ健在で、見渡す限りの麦畑の平面の中を、麦秋のころに車の窓を大きく開けて駆け抜けていくと、とても懐かしいにおいがして思わずはらはらと泣きそうになります。笑

 この純国産の麦がどこに流通するのかまったくわからないんですが、一応イメージとしては「筑後=小麦産地」という強いアピール力があります。で、その小麦を使ったのかもという淡い期待感のもと、みなさん筑後うどんを食べましょう。

 こんなことを書いたら筑後の人に首しめられるかもしれないのですが、覚悟して書きます。筑後の筑後うどんより、八女の筑後うどんのほうがはるかにおいしいです。すいません。何か不都合があれば、「味覚の件は個人の舌の問題に帰すので、なんともいえないです」・・と言って逃げます。私は八女の「桐乃家のうどん」が大好きです。(でも、カナダ産高級小麦って書いてあった。→追伸・現在はAustlarian standard white種というのと九州産との混合小麦であることを確認。以前よりモチっとしたかんじです。)

 

« 昆虫学者江崎悌三 2 | トップページ | 江崎悌三夫人・シャルロッテ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筑後うどん:

« 昆虫学者江崎悌三 2 | トップページ | 江崎悌三夫人・シャルロッテ »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29