無料ブログはココログ

« 麦青む | トップページ | ミッドウェー海戦 »

2006年3月 3日 (金)

すたみな太郎

いま13才の次男に迫られていることが三つあって、その一つが食べ放題に連れていって、というのです。調べたら久留米に「すたみな太郎」があります。ぞぞぞ。わたしはバイキングが大嫌いなんですが、いくしかないのでしょうか。

長男が小学生のころは、少年野球チームに所属していました。万年補欠でかなり浮いてたのですが、本人は無邪気に楽しんでいました。ある日今は亡き監督さんがみんなを当時はやっていた食い放題の店に連れて行ってくれました。食べ盛りの上に集団です。どうなったか火を見るより明らかでした。山の少年Aはまるで山猿みたいにメロンばかりをかっくらって目の前のお皿に皮を積み上げる。Bは焼肉をせっせと食い漁る。(といっても火力が弱すぎるので、生焼けです。)ケーキはごっそり持ち帰る。あっちの列こっちの列、目も当てられない無法地帯の大惨事みたいになってしまいました。いま思い出すさえぞっとするほどです。笑

あんなに食べて、採算が合うんでしょうか。(当時の店はつぶれていました。)

« 麦青む | トップページ | ミッドウェー海戦 »

コメント

きのういってきました。すたみな太郎。塾が終わって九時半ごろから行き、90分以内だったけど正味20分でおなかいっぱいになったので帰った。勿体無かった。笑
おもしろいのはこどもです。私は真っ先にすしをとってきたけど、彼はなんと綿菓子です。初めと最後にもなごりおしそうにつくってた。どうして綿になるんじゃろう。聞かれても・・きっと雨つぶが集まって雲になる原理といっしょじゃない。これで一つ帳面が消えた。よかった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すたみな太郎:

« 麦青む | トップページ | ミッドウェー海戦 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29