無料ブログはココログ

« あざみ通信特別号 | トップページ | 無冠の男 7 »

2006年3月28日 (火)

無冠の男 6

 国歌に「君が代」を発見した乙骨太郎乙の研究をつづけます。あいだがあいてしまいましたが、このブランクの間に読みたいものを読みました。そのなかに、人様からお借りした「致知」が三冊あり、約一年前の号に「無冠の男」著者の小島直記先生の連載随想がありました。それを読むとお体の具合がよろしくないようで、ことしの致知には連載がないことを考えると心配です。八女に住みながら八女出身のこの偉大な文学者のことを何も存じ上げなかった自分が悔やまれます。その意味も込めて、「円交」からの引用を続ける前に、『無冠の男』上巻の「日本最初の経済論争」を途中で投げ出したことが気になっていましたので、この項の引用をやります。数日にわたりますが、どうぞお付き合いください。二月十日付『無冠の男 5』の続きです。

 「無冠の男」  小島直記著(昭和五十年新潮社刊)

  第三章  日本最初の経済論争

________________________________________

今朝五時おきをして、二時間もかけて、かなりな分量を打ち込んだのです。で、何度も保存をしようとしましたが、これがなぜかできませんでした・・メンテナンス中だったことを知らなかったのです。・・それが終了した五時、もう一度トライする気力体力のこってませんでした。でも、おかげで一つ大きな気づきがありました。それは「無冠の男」の内容に絡む発見です。小島直記先生が気づかれなかった事実を私は偶然知りました。「暦論」を書いたとき、そこのところを丁度調べたからです。もう今日は時間がありませんので、明日書きます。別に新発見でもないのですが・・・一人の知識はどんなにすごい天才であっても限界があるなあということをつくづく思います。

« あざみ通信特別号 | トップページ | 無冠の男 7 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/1192825

この記事へのトラックバック一覧です: 無冠の男 6:

« あざみ通信特別号 | トップページ | 無冠の男 7 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30