無料ブログはココログ

« 黌という字 | トップページ | 薬 »

2006年1月17日 (火)

かぜと注射

まよなかに息子がふとんにもぐりこんできた。からだが火のようにあつい。すぐタオルで冷やす。昨夜はごはんも食べてたし夜食まで兄と食べてたのに、おかしいな。かぜだろうかインフルエンザかもしれない、はやっているらしいから。とりあえず様子をみる。

去年は受験があるから予防接種を受けたがことしは息子は受けていない。私は去年お宮掃除を一年間一緒にした近所のおばあさんに頼まれ予防注射に連れていくついでに受けたおかげで、まだひどいかぜはひいてない。(インフルエンザ予防接種の一番安い病院を聞いて、まずそこへ行きましたが完売でしたので次の医院で受けました。おばあさん1700円わたし3000円。ちなみに安いところは2000円って。なんだろこのちがいは。)

とうとう学校をやすみ、ねている。これまでかぜからぜんそくへと進んで何日も学校を休んでいたけど、さすがにからだが出来てきたのか熱性けいれんもおきないしぜんそくにもならない。サッカーのおかげだとおもう。あしたは学校に行けますように。

« 黌という字 | トップページ | 薬 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かぜと注射:

« 黌という字 | トップページ | 薬 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31