無料ブログはココログ

« 乙骨太郎乙の精神世界 3 | トップページ | 八女老連広報第38号 »

2006年1月22日 (日)

農家に住むこと

農家に住むこと

農家に住むこと

1月の蠅取紙の淑気かな。軒低き暮らしに慣れて嫁が君。雪の夜の玄米蔵のほのあかり。

« 乙骨太郎乙の精神世界 3 | トップページ | 八女老連広報第38号 »

コメント

十二枚ほどの板には墨で番号と方位が書かれていて、順番に下から積み上げていくのですが、私が適当に積み上げ最後だけ帳尻あわせをしてます。性格が分かりますね。両側が溝になってて、「くるる」みたいなとぼそにとまらをさしこむ式。百年近く経ってるはずです。(中には玄米が入っており、一週間ぶんずつ精白します。ちょっとめんどくさいです)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農家に住むこと:

« 乙骨太郎乙の精神世界 3 | トップページ | 八女老連広報第38号 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31