無料ブログはココログ

« 渋滞 | トップページ | 飛形山 »

2005年12月31日 (土)

クモの死

クモの死

きれいな網を張るくも、ずっと風呂場にいた

« 渋滞 | トップページ | 飛形山 »

コメント

最盛期には風呂場の天井近くの四隅にそれぞれいた。それがふと気づくと一箇所だけになっていた。窓際は寒いので居間寄りの壁にいた(写真)。同じ蜘蛛が玄関の陽のあたる硝子にもいたが、それが移動したものか別ものかは分からない。この蜘蛛の巣は放射状じゃなく、繊細で緻密なきれいな網だ。なんという名前か、と気になる。木に沢山いたジョロウグモも今はいない。
あれは越冬しないのだろうか。どこかに卵を産み付けて安らかに死に果てたのか。

もう復活していた。けなげにせっせと巣作りしてた。同じところです。写真の蜘蛛の屍骸はたしかに片付けたのに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クモの死:

« 渋滞 | トップページ | 飛形山 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31