無料ブログはココログ

2016年8月25日 (木)

ごくさん

今日は村のよどまつり、私は隣組長で、息子はお宮のこぜわ係りで、それぞれ出なきゃなりませぬ。
残業せずにささっと帰ります。
ごくさんを炊いて神前に上げる係りを引き受けました。
ごくさん、は、御供さん、だろうか。

白米のご飯です。

母に頼みたかったけど、炊飯器を五時半予約にセット。ねえ、これは炊き上がり時間、それともスイッチオンの時間?

滅多に予約しないから、忘れた。

とにかく、仕事が定刻におわれば、脱兎のごとく、おうちへ帰ろう。

2016年8月22日 (月)

久留米駅界隈

久留米駅界隈
久留米駅界隈

今月二度目の風と虹の店

今月二度目の風と虹の店
今月二度目の風と虹の店

2016年8月18日 (木)

高樹のぶ子さんの選評を読んで、ジニのパズルが読みたくなる

高樹のぶ子さんの選評を読んで、ジニのパズルが読みたくなる

龍さんの選評

龍さんの選評

ばさろ暑かときの、綾鷹!

は、なんであんなにうまいんだろう。
冬場のふぬけた味と全く違う。
まことに上品で風格さえ感じる味だ。
ひとえにあの苦さと煎茶らしい香りのせいか。
自販機までの遠さもものともせず、今日も買いに歩いた。工場のなかだけどね。

2016年8月10日 (水)

トラックの運転席と荷台の間にあるもの

トラックの運転席と荷台の間にあるもの

2016年8月 9日 (火)

発言録の続き

療養病床の在り方(3)
     橋爪 章

○部会長

説明について、御質問、御意見等、御自由に御発言を。

○鈴木(邦)委員

・現行制度の再延長を第1選択肢として検討すべきである。現行制度の再延長がなぜだめなのか、いまだに明確な説明はない。

・新類型としては、日医四病協案の医療内包型と医療外付型の2類型がいい。施設設備、人員配置は特例部分と医療機関部分との一部共有を認め、近隣医療機関との連携を含め当直/24時間の医療対応や看取りが可能な体制にするなど、より柔軟な人員配置などの要件緩和が前提。低所得者向けの補足給付、施設整備費用の負担のあり方の議論が必要。

・6.4平米の多床室がそのまま転換できなければ、介護療養型老健のように進まない。

・住まいとか、あるいは経過措置にこだわるのであれば、少なくとも建てかえまでは6.4平米の多床室を住まいと認めるべき。

・今後必要なものは特養の多床室に相当する低所得の方でも入れる施設であるため、6.4平米の多床室に補足給付を認めて、低所得の方でも利用できるようにすべき。

・介護保険事業計画や今後の地域医療構想に基づく医療計画において、転換の制限が生じることがあっても、療養病床からの転換を最優先とし、転換を決断すれば、枠の問題等で実際に転換ができるまで時間がかかる場合、その間は現状の報酬が保証されるようにすべき。

・介護療養型老健への転換が進まない現状を考えると、利用者のニーズに応えつつ、経営者が移行してもよいと決断できる内容にする必要がある。利用者にとっては今よりも一部負担が増えないこと、今よりも医療や介護のサービスのレベルが低下しないこと、経営側にとっては、病院として残りたい場合には残れること、転換が容易でコストがかからないこと、少なくとも現状並みの利益が確保できて経営が成り立つこと、そして社会ニーズに応えられる前向きな役割が果たせることが必要。

・有床診療所の療養病床については、より柔軟な対応を検討する必要。

・経営者が転換を決断するのは平成30年2月の新類型の報酬が公表されてからとなるため、現行制度は再延長しないとなった場合でも十分な経過措置をとることが必要。

○武久委員

・29年度末をもって医療法での看護体制の4対1以下のものが無くなるということが出発点だが、病院の全体としての4対1が確保できておればいいということになると、25対1、30対1があっても、7対1、10対1、13対1が病院内の病棟であれば、病院全体としては4対1をクリアするということになる。

・認知症の病棟については現状でも4対1という類型があり医療法をクリアしているので、これについて廃止なり転換なりということは多分ないのだろうと思う。

・特養がユニット型になり非常に患者負担が高くなっている。低年金の方はなかなかユニット型に入れない。老健にしても従来型個室ということで、10万円以上となり、老齢福祉年金しかないような方は入るところがない。療養病床が一番安い、という社会的な状況もあるので、6.4平米の4人部屋というのはそのまま継続すべき。

○阿部委員

・介護療養病床について、29年度末までにやめるということを前提に検討会の議論がなされて、新しい選択肢が示されたという理解。この選択肢を実践するためにはどういう方策をとるべきかをこの特別部会で議論すればいいわけで、最初の議論から介護療養病床の期限延長というのはない。議論を尽くした上で、経過措置等が必要であればそれは置くとして、新しい選択肢をどうすれば実現できるかということに議論を集中すべき。
転載記事
かささぎメモきのう母は業者さんに三万余支払い、市役所からはケアマネさんが、トイレ廊下の手すり取り付け作業がちゃんと出来上がったか、点検にみえたそうです。介護保険から、家のなかを介護のために改造したら、二十万以内であれば、補助してくれる、という制度、ありがたし。一割の実費負担で済むから、助かります。これ、二度めです。

2016年8月 8日 (月)

納楚公民館のポスター

納楚公民館のポスター
納楚公民館のポスター

草刈人 2

草刈人  2

«ふたつめの爆忌の空やロータリー

最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31